システム管理者は、vRealize Automation のインストールの一部として正確なタイムキーピングを設定する必要があります。

時刻同期が誤って設定されているとインストールは失敗します。

タイムキーピングは、vRealize Automation アプライアンス と各 Windows サーバ間で整合性があり同期している必要があります。 各コンポーネントに対して同じタイムキーピング方法を使用すると、整合性を確保できます。

仮想マシンでは、次の方法を使用できます。

  • Network Time Protocol を使用する構成(直接)。

  • VMware Tools により ESXi を介して Network Time Protocol を使用する構成ESXi 上で NTP を設定している必要があります。

Windows でのタイムキーピングの詳細については、VMware ナレッジベースの記事 KB1318 を参照してください。