vcac-Config.exe コマンドを使用して、IaaS サーバが vRealize Automation アプライアンス および SSO アプライアンスの証明書を受け入れることを検証できます。

IaaS 機能を使用しているときに、認証エラーが発生します。

IaaS が他のコンポーネントからのセキュリティ証明書を認識しないと、認証エラーが発生する可能性があります。

手順

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開き、 <vra-installation-dir>\Server\Model Manager Data\Cafe (通常は C:\Program Files (x86)\VMware\vCAC\Server\Model Manager Data\Cafe)の Cafe ディレクトリに移動します。
  2. Vcac-Config.exe CheckServerCertificates -d [vra-database] -s [vRA SQL server] -v の形式でコマンドを入力します。 オプションのパラメータは、-su [SQL user name] -sp [password] です。

    コマンドが成功すると、次のメッセージが表示されます。

    Certificates validated successfully.
    Command succeeded."

    コマンドが失敗すると、詳細なエラー メッセージが表示されます。

    注:

    このコマンドは、Model Manager Data コンポーネントのノードでのみ使用できます。