vSphere エンドポイントの認証情報、またはエージェント サービスの実行の際に使用される認証情報には、インストール ホストへの管理アクセスが含まれている必要があります。 複数の vSphere エージェントが vRealize Automation の構成要件を満たしている必要があります。

認証情報

vSphere エージェントによって管理される vCenter Server インスタンスを示すエンドポイントの作成時に、エージェントは vCenter Server と対話するためにサービスが実行している認証情報を使用するか、別のエンドポイント認証情報を指定することができます。

次の表は vCenter Server インスタンスを管理するために vSphere エンドポイントの認証情報に付与されている必要がある権限の一覧です。 これらの権限は、エンドポイントをホストするクラスタだけでなく、vCenter Server 内のすべてのクラスタで有効になっている必要があります。

表 1. vCenter Server インスタンス管理に vSphere エージェントで必要な権限

属性値

権限

データストア

容量の割り当て

データストアの参照

データストア クラスタ

データストア クラスタの構成

フォルダ

フォルダの作成

フォルダの削除

グローバル

カスタム属性の管理

カスタム属性の設定

ネットワーク

ネットワークの割り当て

権限

権限の変更

リソース

VM のリソース プールへの割り当て

パワーオフ状態の仮想マシンの移行

パワーオン状態の仮想マシンの移行

仮想マシン

インベントリ

既存のものから作成

新規作成

移動

削除

相互作用

CD メディアの構成

コンソールでの相互作用

デバイス接続

パワーオフ

パワーオン

リセット

サスペンド

VMware Tools のインストール

設定

既存ディスクの追加

新しいディスクの追加

デバイスの追加または削除

ディスクの削除

詳細

CPU カウントの変更

リソースの変更

仮想ディスクの拡張

ディスク変更の追跡

メモリ

デバイス設定の変更

名前の変更

注釈の設定(バージョン 5.0 以降)

設定

スワップファイルの配置

プロビジョニング

カスタマイズ

テンプレートのクローン作成

仮想マシンのクローン作成

テンプレートのデプロイ

カスタム仕様 の読み取り

状態

スナップショットの作成

スナップショットの削除

スナップショットまで戻る

vRealize Automation 外部の仮想マシンの電源状態を変更する可能性のあるサードパーティー製ソフトウェアを無効または再構成します。このような変更は、vRealize Automation によるマシン ライフ サイクルの管理を妨害する可能性があります。