必要に応じて、vSphere エンドポイントの初期コンテンツ ワークフローを開始することができます。

このタスクについて

このプロセスでは、管理者権限が付与された configurationadmin というローカル ユーザーを使用します。

手順

  1. パスワード テキスト ボックスに、configurationadmin 用のパスワードを作成して入力します。
  2. パスワードの確認 テキスト ボックスにパスワードを再入力します。後で使用するためにパスワードをメモします。
  3. 初期コンテンツの作成 をクリックします。
  4. 次へ をクリックします。

タスクの結果

構成管理者ユーザーが作成され、デフォルト テナントに構成カタログ アイテムが作成されます。構成管理者には次の権限が付与されます。

  • 承認管理者

  • カタログ管理者

  • IaaS 管理者

  • インフラストラクチャ アーキテクト

  • テナント管理者

  • XaaS アーキテクト

次のタスク

  • ウィザードが終了したら、デフォルトのテナントに configurationadmin ユーザーとしてログインし、初期コンテンツ カタログ アイテムを要求できます。アイテムの要求方法および手動ユーザー アクションの実行方法の例については、『Rainpole シナリオのための vRealize Automation のインストールおよび構成』を参照してください。

  • デフォルト テナントへのアクセスを、他のユーザー向けに構成します。デフォルト テナントへのアクセスの構成を参照してください。