ロード バランサを使用した分散環境を実現するための vRealize Automation のインストールまたはアップグレードが、503 サービス利用不能エラーで失敗します。

ロード バランサ タイムアウトの設定が原因でタスクを完了するための十分な時間が確保できないため、インストールまたはアップグレードに失敗します。

ロード バランサ タイムアウトの設定値が小さいとエラーになる可能性があります。 この問題を修正するには、ロード バランサ タイムアウトの設定値を 100 秒以上に増やしてタスクを再実行します。

手順

  1. ロード バランサ タイムアウト値を最低でも 100 秒に増やします。 たとえば、使用しているロード バランサに応じて、ssl.confhttpd.conf、またはその他の Web 構成ファイルのロード バランサ タイムアウト設定を編集します。
  2. インストールまたはアップグレードを再実行します。