インストールが必要なエージェントは、統合する外部システムによって異なります。

表 1. エージェント シナリオの選択

統合シナリオ

エージェントの要件と手順

Amazon Web Services Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform などのクラウド環境と統合することにより、クラウド マシンをプロビジョニングします。

エージェントをインストールする必要はありません。

vSphere 環境と統合することにより、仮想マシンをプロビジョニングします。

vSphere 用のプロキシ エージェントのインストールと構成

Microsoft Hyper-V Server 環境と統合することにより、仮想マシンをプロビジョニングします。

Hyper-V または XenServer 用のプロキシ エージェントのインストール

XenServer 環境と統合することにより、仮想マシンをプロビジョニングします。

XenDesktop 環境と統合することにより、仮想マシンをプロビジョニングします。

マシンのプロビジョニング前後またはプロビジョニング解除時に、プロビジョニング プロセスの追加手順として Visual Basic スクリプトを実行します。

Visual Basic スクリプト処理用の EPI エージェントのインストール

プロビジョニングされた Windows マシンから、マシン所有者の Active Directory ステータスなどのデータを収集します。

リモート WMI 申請用の WMI エージェントのインストール

サポートされている他の仮想プラットフォームと統合することにより、仮想マシンをプロビジョニングします。

エージェントをインストールする必要はありません。