vRealize Automation アプライアンス を展開するには、システム管理者は vSphere Web Client にログインし、展開の設定を選択する必要があります。

始める前に

  • VMware Web サイトから vRealize Automation アプライアンス をダウンロードします。

  • vSphere クライアントにシステム管理者権限を持つユーザーとしてログインします。

このタスクについて

vRealize Automation 管理者用に作成する root パスワードには、いくつかの制限が適用されます。

手順

  1. vSphere クライアントから ファイル > OVF テンプレートのデプロイ を選択します。
  2. ダウンロードした vRealize Automation アプライアンス ファイルを参照して、開く をクリックします。
  3. 次へ をクリックします。
  4. [OVF テンプレートの詳細] ページで 次へ をクリックします。
  5. 使用許諾契約に同意し、次へ をクリックします。
  6. 名前 テキスト ボックスに、組織の IT 命名規則に従った一意の仮想アプライアンス名を入力し、仮想アプライアンスを展開するデータセンターおよび場所を選択して、次へ をクリックします。
  7. [ディスクのフォーマット] ページが表示されるまでプロンプトに従います。
  8. [ディスクのフォーマット] ページで仮想アプライアンスを展開するのに十分な容量があることを確認して、次へ をクリックします。
  9. プロンプトの指示に従って、[プロパティ] ページに進みます。

    表示されるオプションは、使用している vSphere 構成により異なります。

  10. [プロパティ] ページで値を設定します。
    1. 仮想アプライアンス コンソールにログインする際に使用する root パスワードを パスワードの入力 および パスワードの確認 のテキスト ボックスに入力します。
    2. SSH サービス チェックボックスをオンまたはオフにして、アプライアンスで SSH サービスを有効にするかどうかを選択します。

      この値は、アプライアンスで SSH サービスの初期ステータスを設定するために使用されます。 インストール ウィザードを使用してインストールする場合、ウィザードを開始する前にこれを有効にします。この設定は、インストール後にアプライアンスの管理コンソールから変更できます。

    3. ホスト名 テキスト ボックスに仮想マシンの完全修飾ドメイン名を入力します。
    4. ネットワーク プロパティを設定します。
  11. 次へ をクリックします。
  12. 展開、vCenter Server、DNS 構成に応じて、OVA 展開を完了して vRealize Automation アプライアンスを起動する以下の方法のいずれかを選択します。
    • vSphere への展開を行い、デプロイ後にパワーオン が [設定の確認] ページで表示されている場合は、以下の手順に従います。

      1. デプロイ後にパワーオン を選択し、終了 をクリックします。

      2. このファイルによる vCenter Server への展開が終了した後、閉じる をクリックします。

      3. マシンが起動するのを待ちます。最長で 5 分ほどかかります。

    • vSphere への展開を行い、デプロイ後にパワーオン が [設定の確認] ページで表示されない場合は、以下の手順に従います。

      1. このファイルによる vCenter Server への展開が終了した後、閉じる をクリックします。

      2. vRealize Automation アプライアンスをパワーオンします。

      3. マシンが起動するのを待ちます。最長で 5 分ほどかかります。

      4. vRealize Automation アプライアンスの DNS に ping できることを確認します。DNS に ping できない場合は、仮想マシンを再起動します。

      5. マシンが起動するのを待ちます。最長で 5 分ほどかかります。

    • vCloud Director を使用して vRealize Automation アプライアンスを展開した場合、OVA 展開時に入力したパスワードが vCloud によってオーバーライドされることがあります。オーバーライドを防ぐには、以下の手順に従います。

      1. vCloud Director への展開後、vApp をクリックして vRealize Automation アプライアンスを表示します。

      2. vRealize Automation アプライアンスを右クリックし、プロパティ を選択します。

      3. ゲスト OS のカスタマイズ タブをクリックします。

      4. パスワード リセット で、ローカル管理者パスワードを許可 オプションをクリアし、OK をクリックします。

      5. vRealize Automation アプライアンスをパワーオンします。

      6. マシンが起動するのを待ちます。最長で 5 分ほどかかります。

  13. コマンド プロンプトを開いて FQDN に ping し、vRealize Automation アプライアンス の IP アドレスに対して完全修飾ドメイン名を解決できることを確認します。