システム管理者は、仮想化プラットフォームの削除ポリシーなどのプロキシ エージェント構成の設定を変更できます。 プロキシ エージェント ユーティリティを使用して、エージェント構成ファイルで暗号化されている初期構成を変更できます。

始める前に

エージェントをインストールしたマシンにシステム管理者としてログインします。

手順

  1. エージェントのインストール ディレクトリに変更します。ここで、agent_name はプロキシ エージェントを含むディレクトリで、エージェントのインストール先の名前でもあります。

    cd Program Files (x86)\VMware\vCAC Agents\agent_name

  2. 現在の構成設定を表示します。

    DynamicOps.Vrm.VRMencrypt.exe VRMAgent.exe.config get と入力します。

    次に、コマンドの出力の例を示します。

    Username: XSadmin
  3. set コマンドを入力してプロパティを変更します。ここでの property は表に示されたオプションの 1 つです。

    Dynamic0ps.Vrm.VRMencrypt.exe VRMAgent.exe.config set property value

    value を省略すると、ユーティリティは新しい値を求めます。

    プロパティ

    説明

    username

    エージェントが通信する XenServer または Hyper-V サーバ用の管理者レベルの認証情報を表すユーザー名。

    password

    管理者レベルのユーザー名のパスワード。

  4. スタート > 管理ツール > サービス をクリックし、vRealize Automation エージェント – agentname サービスを再起動します。

管理者レベルの認証情報の変更

次のコマンドを入力し、エージェントのインストール時に指定した仮想化プラットフォームの管理者レベルの認証情報を変更します。

Dynamic0ps.Vrm.VRMencrypt.exe VRMAgent.exe.config set username jsmith

Dynamic0ps.Vrm.VRMencrypt.exe VRMAgent.exe.config set password

次のタスク

高可用性を実現するため、エンドポイントの冗長エージェントをインストールおよび構成します。 各冗長エージェントを別個のサーバにインストールしますが、エージェントの名前および構成は同一にします。