ストレージ パスなどの仮想マシンのプロパティを変更して、vRealize Automation 環境の 1 台以上の管理対象仮想マシンを更新することができます。

始める前に

  • ファブリック管理者またはビジネス グループ マネージャとして vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

管理対象仮想マシンとは、vRealize Automation 環境で管理されているマシンで、コンソールに表示されます。

手順

  1. 仮想マシンの CSV データ ファイルを生成します。
    1. インフラストラクチャ > 管理 > バルク インポート を選択します。
    2. CSV ファイルを生成 をクリックします。
    3. マシン ドロップダウン メニューから 管理対象 を選択します。
    4. リソース ドロップダウン メニューから、使用可能なリソース タイプのいずれかを選択します。

      オプション

      説明

      エンドポイント

      仮想ホストへのアクセスに必要な情報。

      コンピュート リソース

      同様の機能を実行している仮想マシンのグループへのアクセスに必要な情報。

    5. 名前 ドロップダウン メニューから仮想マシン リソースの名前を選択します。
    6. (オプション)仮想マシンのカスタム プロパティを移行する場合は、カスタム プロパティを含める を選択します。
    7. OK をクリックします。
  2. 仮想マシンの CSV データ ファイルを編集します。
    1. テキスト エディタで CSV ファイルを開いて、グローバルに変更するデータ カテゴリを編集します。

      CSV データ ファイルに含まれている仮想マシンを更新するには、各マシンが次のアイテムに関連付けられている必要があります。

      • 予約

      • ストレージの場所

      • ブループリント

      • マシン コンポーネント

      • ターゲットの導入環境に存在する所有者

      更新を正常に完了するには、各マシンのすべての値がターゲットの vRealize Automation 環境に設定されている必要があります。CSV ファイルを編集して、予約、ストレージ場所、ブループリント、および所有者の値を変更し、個々のマシンに固定 IP アドレス値を追加することができます。

    2. 仮想マシンの固定 IP アドレスを変更する場合は、次の形式のコマンドを CSV ファイルに追加します。

      ,VirtualMachine.Network#.Address, w.x.y.z, HOP

      仮想マシンに適切な情報を使用して、コマンドを構成します。

      • # を、この固定 IP アドレスを使用して構成するネットワーク インターフェイスの番号に変更します。たとえば、VirtualMachineNetwork0.Address のように指定します。

      • w.x.y.z を、仮想マシンの固定 IP アドレスに変更します。たとえば、11.27.42.57 のように指定します。

      • HOP 文字列の Hidden、Not encrypted、Not runtime は、プロパティの可視性を設定します。このデフォルトのプロパティは、インポートの成功後、仮想マシンから削除されます。

      更新が成功するには、適切に構成されたアドレス プールで IP アドレスが利用できる必要があります。アドレスが見つからない、またはすでに使用されている場合、更新は固定 IP アドレスの定義をせずに実行され、エラーがログに記録されます。

    3. CSV ファイルを保存し、テキスト エディタを閉じます。
  3. vRealize Automation 管理インターフェイスを使用して、vRealize Automation 環境の 1 つ以上の仮想マシンを更新します。
    1. インフラストラクチャ > 管理 > バルク インポート を選択します。
    2. 新規 をクリックします。
    3. 名前 テキスト ボックスにこのタスクの一意の名前を入力します(例:managed global update 10)。
    4. CSV ファイル名を参照して CSV ファイル テキスト ボックスに CSV ファイル名を入力します。
    5. インポート オプションを選択します。

      オプション

      説明

      開始時間

      開始日のスケジュールを設定します。 指定される開始時間はサーバのローカル時間であり、ユーザーのワークステーションのローカル時間ではありません。

      現在

      インポート処理を直ちに開始します。

      遅延(秒)

      多数の仮想マシンを更新する場合、各仮想マシンの更新を遅延させる秒数を選択します。このオプションを選択すると、更新処理が遅くなります。遅延を指定しない場合は空白にします。

      バッチ サイズ

      多数の仮想マシンを更新する場合、所定の時間に更新するマシンの総数を選択します。このオプションを選択すると、更新処理が遅くなります。制限を指定しない場合は空白にします。

      管理対象のマシンを無視

      選択しないままにします。

      ユーザー検証をスキップ

      このオプションを選択すると、ユーザーが存在するかどうかを検証せずに、CSV データ ファイルの [所有者] 列にリストされた値にマシンの所有者が設定されます。このオプションを選択すると、更新時間が短くなります。

      インポートのテスト

      選択しないままにします。

    6. OK をクリックします。

      処理の進行状況は、[バルク インポート] ページに表示されます。