1 つ以上の vRealize Automation コンポーネントを再起動する場合は、指定された順序でコンポーネントを再起動する必要があります。

始める前に

環境内のロード バランサが実行されていることを確認します。

このタスクについて

製品の異常動作を解決するため、環境内のコンポーネントの一部を再起動が必要になる場合があります。vCenter Server を使用して仮想マシンを管理している場合は、ゲストの restart コマンドを使用して vRealize Automation を再起動します。

コンポーネントまたはサービスを再起動できない場合は、vRealize Automation のシャットダウンおよびvRealize Automation の起動の手順を実行してください。

手順

  1. vRealize Automation アプライアンス のすべてのインスタンスを同時に再起動します。
  2. プライマリ Web ノードを再起動し、起動が完了するまで待機します。
  3. 分散型展開を実行している場合は、すべてのセカンダリ Web ノードを起動し、起動が完了するまで待機します。
  4. すべての Manager Service ノードを再起動し、起動が完了するまで待機します。
  5. Distributed Execution Manager Orchestrator およびワーカー、およびすべての vRealize Automation エージェントを再起動し、すべてのコンポーネントの起動が完了するまで待機します。

    これらのコンポーネントは、任意の順序で再起動することができます。

  6. 再起動したサービスが登録されていることを確認します。
    1. Web ブラウザを開き、vRealize Automation アプライアンス 管理インターフェイス URL にアクセスします。
    2. サービス タブをクリックします。
    3. 更新 タブをクリックして、サービス起動の進行状況を監視します。

タスクの結果

すべてのサービスが登録済みとして一覧表示されたら、システムを使用する準備が完了しています。