必要に応じて、カスタム プロパティをボリュームに追加できます。

始める前に

ストレージの再構成

このタスクについて

カスタム プロパティを使用して、ボリューム ディスク番号、容量、ラベル、ストレージ予約ポリシーの値を入力することはできません。これらの値は、ストレージ ボリューム テーブルでボリュームを追加または編集して、所定の場所に入力する必要があります。

手順

  1. ストレージ ボリューム テーブルの カスタム プロパティ 列で、カスタム プロパティを受信するボリュームの 編集 をクリックします。
  2. 新規プロパティ をクリックします。
  3. 名前 テキスト ボックスにカスタム プロパティの名前を入力します。
  4. テキスト ボックスにカスタム プロパティの値を入力します。
  5. 値を暗号化するには、暗号化済み チェック ボックスを選択します。
  6. ユーザーがマシンを申請するときに、値を入力するためのプロンプトを表示するには、プロンプト表示 チェック ボックスを選択します。

次のタスク

ネットワークの再構成