vSphere 上にプロビジョニングされたクライアントの VMware Remote Console をサポートするには、vRealize Automation アプライアンスの信頼されていない証明書をクライアント ブラウザに手動でインポートする必要があります。

このタスクについて

注:

信頼されている SSL 証明書を使用し、環境に合わせて vRealize Automation を構成する場合、VMware Remote Console でクライアントのブラウザを個別に構成する必要はありません。

この手順のこのステップは、自己署名証明書および認証局によって発行された証明書に適用されます。

サポートされている Internet Explorer のバージョンについては、VMware Web サイトの「VMware vRealize Support Matrix」を参照してください。

手順

  1. Internet Explorer ブラウザで、vRealize Automation アプライアンスにログインします。
  2. ブラウザのアドレス バーに表示される証明書エラー メッセージの 証明書の表示 をクリックします。
  3. 証明書情報ウィンドウの 全般 タブをクリックします。
  4. 証明書に関する情報が正しいことを確認し、証明書をインストール をクリックします。
  5. 証明書ストアのダイアログ ボックスで 証明書をすべて次のストアに配置する を選択します。
  6. 参照 をクリックして証明書ストアを検索します。
  7. 信頼されたルート証明書機関 を選択し、OK をクリックします。
  8. 証明書ストアのダイアログ ボックスで 次へ をクリックします。
  9. セキュリティ警告のダイアログ ボックスで はい をクリックし、証明書をインストールします。
  10. ブラウザを再起動します。

タスクの結果

証明書のエラーが発生せずに、リモート コンソールに接続できます。