管理対象外の仮想マシンを vRealize Automation 環境にインポートできます。

始める前に

  • ファブリック管理者またはビジネス グループ マネージャとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • 固定 IP アドレスを使用する仮想マシンをインポートする場合は、適切に構成されたアドレス プールを準備します。ネットワーク プロファイルを使用して IP アドレス範囲を制御する方法の詳細については、『vRealize Automation の構成』を参照してください。

このタスクについて

管理対象外の仮想マシンはハイパーバイザーに存在しますが、vRealize Automation 環境では管理されず、コンソールに表示できません。管理対象外の仮想マシンをインポートすると、その仮想マシンが vRealize Automation 管理インターフェイスで管理されるようになります。必要な権限があれば、その仮想マシンを 管理対象マシン タブや アイテム タブで確認できます。

バルク インポート オプションは、NSX ネットワークおよびセキュリティ コンポーネントまたはソフトウェア コンポーネントを含むブループリントからプロビジョニングされるデプロイをサポートしていません。

手順

  1. 仮想マシンの CSV データ ファイルを生成します。
    1. インフラストラクチャ > 管理 > バルク インポート の順に選択します。
    2. CSV ファイルを生成 をクリックします。
    3. マシン ドロップダウン メニューから 管理されていない を選択します。
    4. ビジネス グループ で、ドロップダウン メニューからデフォルト値を選択します。
    5. 所有者 のデフォルト値を入力します。
    6. ブループリント で、ドロップダウン メニューからデフォルト値を選択します。

      インポートが成功するためには、このブループリントが公開されていて、資格に追加されている必要があります。

    7. コンポーネント マシン で、ドロップダウン メニューからデフォルト値を選択します。

      ビジネス グループブループリント の値を選択すると、CSV データ ファイルに次のような結果が含まれることがあります。

      • Host Reservation (Name or ID) = INVALID_RESERVATION

      • Host To Storage (Name or ID) = INVALID_HOST_RESERVATION_TO_STORAGE

      これらのメッセージは、選択したビジネス グループに、管理対象外の仮想マシンもホストするホスト仮想マシンの予約がない場合に表示されます。管理対象外の仮想マシンのホストのビジネス グループに予約がある場合、Host Reservation および Host to Storage の値は適切に設定されます。

    8. リソース ドロップダウン メニューから、使用可能なリソース タイプのいずれかを選択します。

      メニュー項目

      説明

      エンドポイント

      仮想ホストへのアクセスに必要な情報。

      コンピュート リソース

      同様の機能を実行している仮想マシンのグループへのアクセスに必要な情報。

    9. 名前 ドロップダウン メニューから仮想マシン リソースの名前を選択します。
    10. OK をクリックします。
  2. 仮想マシンの CSV データ ファイルを編集します。
    1. CSV ファイルを開いて、データ カテゴリをターゲットである vRealize Automation 環境の既存のカテゴリと一致するように編集します。

      CSV データ ファイルに含まれている仮想マシンをインポートするには、各仮想マシンが次のアイテムに関連付けられている必要があります。

      • 予約

      • ストレージの場所

      • ブループリント

      • 仮想マシン コンポーネント

      • ターゲットの導入環境に存在する所有者

      インポートを正常に完了するには、各仮想マシンのすべての値がターゲットの vRealize Automation 環境に存在している必要があります。予約、ストレージの場所、ブループリント、および所有者の値を変更したり、CSV ファイルを編集して個別の仮想マシンに固定 IP アドレス値を追加したりできます。

      見出し

      コメント

      # Import--Yes or No

      特定の仮想マシンがインポートされないようにするには、[いいえ] に変更します。

      Virtual Machine Name

      変更しないでください。

      Virtual Machine ID

      変更しないでください。

      Host Reservation (Name or ID)

      ターゲットの vRealize Automation 環境の予約名または予約 ID を入力します。

      Host To Storage (Name or ID)

      ターゲットの vRealize Automation 環境のストレージ場所の名前または ID を入力します。

      Deployment Name

      ターゲットの vRealize Automation 環境で作成する導入単位の新しい名前(仮想マシン名など)を入力します。

      注:

      各仮想マシンを固有の導入単位にインポートする必要があります。1 台の仮想マシンを既存の導入単位にインポートしたり、複数の仮想マシンを 1 つの導入単位にインポートすることはできません。

      ブループリント ID

      仮想マシンのインポートに使用する、ターゲットの vRealize Automation 環境のブループリントの ID を入力します。

      注:

      入力するのはブループリント ID だけです。ブループリント名は入力しないでください。1 つの仮想マシン コンポーネントのみを含むブループリントを選択する必要があります。そのブループリントは、公開されていて、資格に追加されている必要があります。

      Component Machine ID

      選択したブループリントに含まれる仮想マシン コンポーネント名を入力します。複数のコンポーネントを含むブループリントに仮想マシンをインポートすることはできません。

      所有者名

      そのブループリントに対する資格を付与された、ターゲットの vRealize Automation 環境のユーザーを入力します。

    2. 固定 IP アドレスを持つ仮想マシンをインポートする場合、次の形式のコマンドを CSV ファイルに追加します。

      ,VirtualMachine.Network#.Address, w.x.y.z, HOP

      仮想マシンに適切な情報を使用して、コマンドを構成します。

      • # を、この固定 IP アドレスを使用して構成するネットワーク インターフェイスの番号に変更します。たとえば、VirtualMachineNetwork0.Address のように指定します。

      • w.x.y.z を、仮想マシンの固定 IP アドレスに変更します。たとえば、11.27.42.57 のように指定します。

      • HOP 文字列の Hidden、Not encrypted、Not runtime は、プロパティの可視性を設定します。このデフォルトのプロパティは、インポートの成功後、仮想マシンから削除されます。

      インポートが成功するには、適切に構成されたアドレス プールで IP アドレスが利用できる必要があります。 アドレスが見つからない、またはすでに使用されている場合、インポートは固定 IP アドレスの定義をせずに実行され、エラーがログに記録されます。

    3. CSV ファイルを保存します。
  3. vRealize Automation 管理インターフェイスを使用して、仮想マシンを vRealize Automation 環境にインポートします。
    1. インフラストラクチャ > 管理 > バルク インポート の順に選択します。
    2. 新規 をクリックします。
    3. 名前 テキスト ボックスにこのタスクの一意の名前を入力します(例:unmanaged import 10)。
    4. CSV ファイル名を参照して CSV ファイル テキスト ボックスに CSV ファイル名を入力します。
    5. インポート オプションを選択します。

      オプション

      説明

      開始時間

      開始日のスケジュールを設定します。 選択される開始時間はサーバのローカル時間であり、ユーザーのワークステーションのローカル時間ではありません。

      現在

      インポート処理を直ちに開始します。

      遅延(秒)

      多くの仮想マシンをインポートする場合、各仮想マシンの登録を遅延させる秒数を選択します。このメニュー項目を選択すると、インポート処理が遅くなります。遅延なしを選択する場合は空白にします。

      バッチ サイズ

      多くの仮想マシンをインポートする場合、所定の時間に登録する仮想マシンの総数を選択します。このメニュー項目を選択すると、インポート処理が遅くなります。制限なしを選択する場合は空白にします。

      管理対象のマシンを無視

      選択しないままにします。

      ユーザー検証をスキップ

      このメニュー項目を選択すると、ユーザーが存在するかどうかを検証せずに、CSV データ ファイルの [所有者] 列にリストされた値に仮想マシンの所有者が設定されます。このメニュー項目を選択すると、インポート時間が短くなります。

      インポートのテスト

      仮想マシンをインポートせずにインポート処理をテストして、CSV ファイルのエラーを検証できます。

    6. OK をクリックします。

      処理の進行状況は、[バルク インポート] ページに表示されます。