ストレージ パスが廃止された場合、ファブリック管理者は、予約時にストレージ パスを無効にすることができます。

始める前に

ファブリック管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

注:

ストレージ パスを無効にする予約ごとに、他の有効なストレージ パスに十分な容量が残されていることを確認します。

手順

  1. インフラストラクチャ > 予約 > 予約 を選択します。
  2. 廃止するストレージ パスを使用している予約をポイントして、編集 をクリックします。
  3. リソース タブをクリックします。
  4. 廃止するストレージ パスを特定します。
  5. 編集 アイコン(編集)をクリックします。
  6. [無効化] 列のチェック ボックスを選択し、このストレージ パスを無効にします。
  7. 保存 アイコン(保存)をクリックします。
  8. OK をクリックします。
  9. 廃止するストレージ パスを使用しているすべての予約に対してこの手順を繰り返します。