障害発生時にシステムのダウンタイムとデータの損失を最小限に留めるため、管理者は、vRealize Automation インストール環境全体を定期的にバックアップします。 システムで障害が発生した場合は、動作することが分かっている最後のバックアップをリストアし、いくつかのコンポーネントを再インストールすることでリカバリできます。