IaaS 証明書の OU セクションでコンマを使用している場合、STOMP WebSocket エラーが Manager Service ログ ファイルに記録され、仮想マシンのプロビジョニングに失敗する可能性があります。こうした問題を解決するために、コンマを削除するか、ポーリング方法を WebSocket から HTTP に変更することができます。

このタスクについて

Manager Service の詳細については、『vRealize Automation 7.2 のインストール』を参照してください。

手順

  1. Manager Service 構成ファイルをテキスト エディタで開きます。

    Manager Service 構成ファイルは、C:\\:Program Files (x86)\VMware\vCAC\Server\Manager Service.exe.config にあります。

  2. 以下の行を Manager Service 構成ファイルの <appSettings> セクションに追加します。
    <add key="Extensibility.Client.RetrievalMethod" value="Polling"/>
    <add key="Extensibility.Client.PollingInterval" value="2000"/>
    <add key="Extensibility.Client.PollingMaxEvents" value="128"/>
  3. Manager Service を再起動します。