IaaS Web サイト サービスまたは Web ロード バランサーのサーバで障害が発生した場合、システム管理者は、IaaS Web サイト コンポーネントをリストアし、ホスト名を変更する場合はロード バランサーを再構成します。

このタスクについて

サーバまたはロード バランサーをリストアするには、再インストールします。 サーバまたはロード バランサーの名前を変更することもできます。 サーバの名前を変更する場合は、リストアされないコンポーネントの構成ファイルで新しいホスト名が使用されるよう構成ファイルを編集する必要があります。

詳細については、vRealize AutomationvRealize Automation 7.2 のインストールを参照してください。

手順

  1. カスタム IaaS インストーラを使用して Web サイト コンポーネントをインストールします。

    この時点ではまだ、ModelManagerData コンポーネントをインストールしないでください。

    暗号化データの消失を防ぐため、元のインストールに使用したものと同じパスフレーズを使用します。

  2. 構成ファイルをバックアップしてある場合は、その構成ファイルをインストール先のサーバにコピーして、その設定が現在の導入環境で正しいことを確認します。
  3. Web サイト マシンまたはロード バランサーを再インストールする際にホスト名を変更した場合は、関連付けられた構成ファイルのホスト名をアップデートします。

    ロード バランサーを使用しない場合は、Model Manager Data コンポーネントがインストールされているマシンのホスト名がアドレスになります。 Web ロード バランサーのある環境では、Web サイトのロード バランサーのアドレスを使用します。

    ファイル パス

    マシン タイプ

    <vCAC Folder>\Server\Website\Web.config

    Web サイト コンポーネントがインストールされているマシン。

    <vCAC Folder>\Server\ManagerService.exe.config

    Manager Service コンポーネントがインストールされているマシン。

    <vCAC Folder>\Distributed Execution Manager\<DEM Name>\DynamicOps.DEM.exe.config

    DEM ワーカーまたは DEM Orchestrator がインストールされているマシン。

    <vCAC Folder>\Agents\<Agent Name>\<Agent Config File>

    インストールされているすべてのマシンおよびエージェント。

  4. ファイルごとに、key="repositoryAddress" 行を見つけて、value 属性の値を Web サイト アドレスを指すように変更します。

    例:

    value="https://myWebsite.myhostname.name:Port/repository/
  5. プライマリ IaaS Web サイト コンポーネントを再インストールする場合で、Meta Model データのバックアップがある場合は、そのデータを新規の Web サイトにコピーします。

    セカンダリ Web サイト コンポーネントを再インストールする場合は、この手順を実行しないでください。

    (<vCAC Folder>\Server\) にあるインストール フォルダから次のフォルダをコピーします。

    • Model Manager Data フォルダ

    • ConfigTool フォルダ