システム管理者は、証明書の有効期限が切れたとき、または自己署名証明書を認証局によって発行された証明書で置き換えるために、管理サイト サービスの SSL 証明書を置き換えることができます。 ポート 5480 の管理サイト サービスをセキュリティで保護します。

このタスクについて

vRealize Automation アプライアンス は、lighttpd を使用してその管理サイトを稼動させます。管理サイト証明書を置き換える際には、すべての管理エージェントもまた新しい証明書が認識されるように構成する必要があります。

分散展開環境の場合は、管理エージェントを自動または手動でアップデートできます。 最小導入環境の場合は、管理エージェントを手動でアップデートする必要があります。

詳細については、管理エージェントの手動アップデートによる証明書の認識 を参照してください。