マシンへは vRealize Automation コンソールからリモートで接続できます。

始める前に

  • マシン所有者テナント管理者、またはビジネス グループ マネージャとして vRealize Automation コンソールにログインします。

  • VMware Tools がインストールされていることを確認します。

    VMware ToolsvRealize Automation クライアントにインストールされ、VMware Remote Console との接続時に十分に機能するアクセス権がサポートされている必要があります。VMware Tools がインストールされていない場合、ターゲット マシンへの接続後にマウス ポインタとマウス キーが機能しないなどの問題が発生します。サポートされる VMware Tools バージョンの詳細については、『vRealize Automation のサポート マトリックス』を参照してください。

  • プロビジョニングされたマシンがパワーオンされていることを確認します。

手順

  1. アイテム > 展開 を選択します。
  2. マシン名の行で アクション をクリックするか、またはマシンを選択してそのマシンのページで アクション をクリックします。
  3. リモート接続方法を選択します。
    • RDP を使用して接続 を選択し、RDP を使用して接続します。

    • リモート コンソールに接続 を選択し、VMware Remote Console を使用して接続します。

    プロンプトへ応答します。

  4. 接続 をクリックし、手順に従ってマシンにログインします。
  5. 完了したら、ログアウトしてブラウザ ウィンドウを閉じます。