高可用性の展開で管理サイトの証明書をアップデートしたら、新しい証明書を認識するように管理エージェントの構成もアップデートし、信頼性のある通信を確立する必要があります。

このタスクについて

分散導入環境における vRealize Automation アプライアンス 管理サイト証明書情報は、手動アップデートまたは自動アップデートできます。 管理エージェントの手動アップデートの詳細については、管理エージェントの手動アップデートによる証明書の認識を参照してください。

以下の手順は、証明書情報を自動アップデートする場合に使用します。

手順

  1. 管理エージェントが実行されている場合は、環境内の単一の vRealize Automation アプライアンス 管理サイト上の証明書を置換します。
  2. 管理エージェントが新規の vRealize Automation アプライアンス 管理サイト証明書と同期されるまで 15 分間待機します。
  3. 環境内の他の vRealize Automation アプライアンス 管理サイトの証明書を置換します。

    管理エージェントが、新規証明書情報で自動的にアップデートされます。