vRealize Automation では、システムの運用にアプライアンス データベースが必要です。アプライアンス データベースは、vRealize Appliance 仮想アプライアンス管理インターフェイスによって管理できます。

注:

この情報は、組み込みのアプライアンス データベースを使用している展開にのみ適用されます。外部の Postgres データベースを使用している展開には適用されません。

データベースは単一ノードのシステムとして構成することも、フェイルオーバーによる高可用性を実現しやすくするために複数ノードを使用して構成することもできます。アプライアンス データベースは、vRealize Automation をインストールすると最初に設定され、マシン構成が変更されない限りメンテナンスが不要です。クラスタ化構成の場合には、異なるノードをマスターに昇格させる必要があります。

注:

データベースのクラスタ化構成は、[クラスタに参加] 操作を使用して仮想アプライアンスをクラスタに参加させると自動的に設定されます。ただし、データベース クラスタが仮想アプライアンスのクラスタに直接依存しているわけではないことに注意してください。たとえば、クラスタに参加済みの仮想マシンは、組み込みのアプライアンス データベースが起動していなかったり、障害によって動作していなかったりする場合でも正常に動作できます。

クラスタ化構成には、1 つのマスター ノードと 1 つ以上のレプリカ ノードが含まれています。マスター ノードとは、システム機能をサポートするマスター データベースを備えた vRealize Automation アプライアンス ノードです。レプリカ ノードとは、マスター ノードに障害が発生した時に稼動状態になるデータベースのコピーを含んでいます。

複数の高可用性アプライアンス データベース オプションが存在します。レプリケーション モードの選択は、特に重要なデータベース構成オプションです。レプリケーション モードにより、vRealize Automation 環境でデータの整合性を維持する方法が決定されます。また、高可用性構成の場合は、マスターまたはプライマリ ノーの障害をフェイルオーバーする方法が決定されます。同期および非同期という 2 つの利用可能なレプリケーション モードがあります。

どちらのレプリケーション モードもデータベースのフェイルオーバーをサポートしていますが、それぞれに長所と短所があります。高可用性データベース フェイルオーバーをサポートするには、非同期モードでは少なくとも 2 つのノードが必要ですが、同期モードでは少なくとも 3 つのノードが必要になります。

レプリケーション モード

メリット

デメリット

同期

データ損失の可能性が最小限に抑えられる。

  • システムのパフォーマンスに影響する可能性がある。

  • 少なくとも 3 つのノードが必要。

非同期

  • 必要なノードは 2 つのみ。

  • システムのパフォーマンスに及ぼす影響が同期モードより小さい。

データ損失防止の点で同期モードほど堅牢ではない。

vRealize Automation は両方のモードをサポートしますが、デフォルトでは非同期モードで動作し、2 つ以上のアプライアンス データベース ノードが配備されている場合にのみ高可用性を実現します。仮想アプライアンス管理インターフェイスの データベース タブでは、同期モードの切り替えやデータベース ノードの追加を必要に応じて実行できます。

高可用性を備えていない構成の単一ノードで開始した場合でも、必要に応じて高可用性を強化するために後からノードを追加できます。該当するハードウェアおよびデータ損失に対する最大限の保護を必要としている場合は、環境を同期モードで運用するように構成することを検討してください。