展開を表示および管理して、回収申請を展開所有者に送信することが可能です。回収要請では、新規リースの長さ(日数)、展開所有者の応答のために与える時間、および再利用の対象にするマシンを指定します。

始める前に

  • テナント管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

  • 健全性バッジを表示したり、vRealize Operations Manager によって提供されているメトリックを確認するには、メトリック プロバイダの設定を参照してください。

手順

  1. 管理 > 再利用 > 展開 を選択します。
  2. 検索条件に一致する仮想マシン展開を検索します。

    vRealize Operations Manager によって提供されているメトリックを確認するには、プラットフォーム タイプとして vSphere を選択する必要があります。

    1. 詳細検索 の下矢印をクリックし、検索ボックスを開きます。
    2. 1 つ以上の検索値を入力または選択します。

      オプション

      アクション

      仮想マシン名に次の文字を含む

      このテキスト ボックスに 1 つ以上の文字を入力すると、一致する仮想マシン名が検索されます。

      所有者名に次の文字を含む

      このテキスト ボックスに名前を入力すると、一致する所有者名が検索されます。

      ビジネス グループ名に次の文字を含む

      このテキスト ボックスに名前を入力すると、一致するビジネス グループ名が検索されます。

      プラットフォーム タイプ

      ドロップダウン メニューからプラットフォーム タイプを選択します。 vSphere を選択すると、vRealize Operations Manager によって提供されているメトリックが表示されます。

      vRealize Operations Manager で必要です。

      パワー状態

      このドロップダウン メニューからパワー状態の値を選択すると、パワー状態が一致する仮想マシンが検索されます。

      有効期限日が次の範囲内

      カレンダー アイコンをクリックして、開始日と終了日を選択すると、その範囲内で有効期限日が検索されます。

      CPU 使用率

      このドロップダウン メニューから値を選択すると、CPU 使用率の高い(80% より高い)仮想マシン、CPU 使用率の低い(5% 未満の)仮想マシン、または CPU を使用していない(CPU 使用率の値がない)仮想マシンが検索されます。

      vRealize Operations Manager メトリックを検索する場合は、このフィルタを使用して検索することはできません。また、結果を CPU 使用量でソートすることはできません。

      メモリ使用量

      このドロップダウン メニューから値を選択すると、メモリ使用率の高い(80% より高い)仮想マシン、メモリ使用率の低い(10% 未満の)仮想マシン、またはメモリを使用していない(メモリ使用率の値がない)仮想マシンが検索されます。

      vRealize Operations Manager メトリックを検索する場合は、このフィルタを使用して検索することはできません。また、結果をメモリ使用率でソートすることはできません。

      ディスク使用率

      このドロップダウン メニューから値を選択すると、ハード ディスク使用率の低い(1 秒あたり 2 KB 未満の)仮想マシン、またはハード ディスクを使用していない(ハード ディスク使用率の値がない)仮想マシンが検索されます。

      vRealize Operations Manager メトリックを検索する場合は、このフィルタを使用して検索することはできません。また、結果をディスク使用率でソートすることはできません。

      ネットワーク使用率

      このドロップダウン リストから値を選択すると、ネットワーク使用率の低い(1 秒あたり 1 KB 未満の)仮想マシン、またはネットワークを使用していない(ネットワーク使用率の値がない)仮想マシンが検索されます。

      vRealize Operations Manager メトリックを検索する場合は、このフィルタを使用して検索することはできません。また、結果をネットワーク使用率でソートすることはできません。

      複合メトリック

      このドロップダウン メニューから値を選択すると、複合メトリックに基づいて仮想マシンが検索されます。 たとえば、[アイドル] を選択すると、CPU、ネットワーク、メモリ、ディスクの使用率がすべて 20% 未満のマシンが検索されます。

      vRealize Operations Manager メトリックを検索する場合は、このフィルタを使用できません。

    3. 検索アイコン(参照)をクリックします。
  3. [展開] ページで、親展開が回収されるマシンを 1 つ以上選択します。

    選択したマシンのうち、現在の結果ページに表示されているマシンのみが回収されます。

  4. 回収 をクリックします。

    現在のページで選択済みの仮想マシンを含む展開が申請に含められます。

    注:

    [回収展開] ページには、リース期限切れのマシンなど、回収対象外のマシンもリストされる可能性があります。回収対象外のマシンを指定すると、次のエラーが表示されます。

    Selection Error: Virtual machine 名前 is not in valid state for reclamation.

  5. 新規リースの長さ(日単位) テキスト ボックスに新規リースの期間を入力します。

    最小値は 1 日、最大値は 365 日、デフォルト値は 7 日です。

  6. 回収要請に応答する展開所有者の応答期限を リース強制までの待機時間(日単位) テキスト ボックスに入力します

    この期間が終了すると、展開は新しい長さの新しいリースを取得します。待機期間の最小値は 1 日、最大値は 365 日、デフォルト値は 3 日です。

  7. 申請の理由 テキスト ボックスに、申請の理由を入力します。
  8. 送信 をクリックします。
  9. OK をクリックします。

タスクの結果

回収申請を送信すると、展開所有者の受信箱にその申請が表示されます。所有者が所定の日数で申請に応答しない場合、展開は、現在のリース期間のほうが短い場合を除いて、指定された長さの新規リースを取得します。所有者が回収要請で 使用中のアイテム をクリックすると、展開のリースは未変更のままとなります。所有者が 再利用のためにリリース をクリックすると、展開のリースは直ちに有効期限切れになります。

次のタスク

回収要請の追跡.