vRealize Automation イベント ログおよびサービスを監視して、それらの現在および過去の状態を特定できます。

データのロールオーバー設定をカスタマイズしてログを消去する方法の詳細については、『vRealize Automation の構成』を参照してください。