Manager Service ホストでシステム障害が発生した時に、セカンダリ フェイルオーバー サーバが有効になるよう vRealize Automation を構成します。

始める前に

Manager Service ロード バランサの配下に、アクティブ Manager Service ノードとパッシブ Manager Service ノードがインストールされていることを確認します。『vRealize Automation 7.2 のインストール』を参照してください。

手順

  1. プライマリ Manager Service ホストで vRealize Automation Manager Service の起動タイプを手動起動に変更します。
    1. プライマリ サーバで、スタート > 管理ツール > サービス を選択します。
    2. vRealize Automation サービスの起動タイプとして、手動 を選択します。
  2. vRealize Automation サービスの起動タイプを自動起動に変更することにより、セカンダリ Manager Service ホストをアクティブなホストにします。
    1. プライマリ サーバで、スタート > 管理ツール > サービス を選択します。
    2. vRealize Automation サービスの起動タイプとして、自動 を選択します。
  3. (オプション) : ロード バランサでセカンダリ ノードが有効であることを確認します。