vSwap を使用すると、ターゲット マシン上で最大サイズのスワップ ファイルを作成するためのスワップ空き容量が存在するかどうかを確認できます。 vSwap チェックは、vRealize Automation から仮想マシンを作成または再構成する場合に実行されます。 vSwap 割り当てチェックは、vCenter Server エンドポイントでのみ使用できます。

vRealize Automation ストレージ割り当てでは、申請の作成や再構成時に仮想マシン ディスクを収容するだけの十分な空き容量がデータストア上に存在するかどうかをチェックします。 ただし、マシンをパワーオンする際に、vCenter Server エンドポイントにスワップ ファイルを作成するだけの十分な空き容量がないと、マシンはパワーオンに失敗します。 パワーオン操作が失敗すると、そのマシンに依存するすべてのカスタマイズも失敗します。 マシンは破棄される場合もあります。 申請のサイズによっては、マシンがパワーオンしていない、またはプロビジョニングを実行していないというフィードバックがすぐに得られないことがあります。

vSwap 割り当てチェックを使用して、vCenter Server エンドポイントの vRealize Automation の作成および再構成プロセスの一部として、最大サイズのスワップ ファイルを作成するためのスワップ空き容量が残されているかどうかをチェックすることで、こうした制限を解消することができます。 vSwap 割り当てチェックを有効にするには、マシン コンポーネントまたはブループリント全体のカスタム プロパティ VirtualMachine.Storage.ReserveMemory を True に設定します。

vSwap 割り当てチェックの次の動作に留意してください。

  • スワップ ファイルは仮想マシンが格納されているデータストア上に配置されます。 スワップ ファイルを専用のまたは異なるデータストア上に配置するための代替 vCenter Server 構成は、サポートされていません。

  • スワップ サイズは、仮想マシンを作成または再構成する際に考慮されます。 最大スワップ サイズは、仮想マシンのメモリ サイズです。

  • ホストの vRealize Automation ストレージ予約の予約値は、コンピュート リソースの物理容量を超えないようにする必要があります。

  • 予約を作成するときは、予約値の合計が使用可能なストレージ容量を超えないようにする必要があります。

  • vSphere のリソース プール、ホスト レベル、または仮想マシンレベルのメモリ予約は、vSphere エンドポイントからは収集されず、vRealize Automation 上での計算時には考慮されません。

  • 既存マシンについては、vSwap によるパワーオン操作時のスワップ空き容量の検証は実行されません。

  • vSphere エンドポイントに対する vSwap 関連の変更を取得するには、データ収集を再実行する必要があります。