プロビジョニングされた仮想マシンのストレージ ボリュームは、追加、削除、またはサイズ変更できます。

このタスクについて

IDE ディスク タイプのストレージは、再構成できません。

手順

  1. ストレージ タブをクリックします。

    ストレージの許容範囲は、ストレージ ボリューム テーブルの下に表示されます。

  2. (オプション) : ボリュームを追加します。
    1. 新規ボリューム をクリックします。
    2. 容量 (GB) テキスト ボックスに容量を入力します。
    3. (オプション) : ストレージ予約ポリシー ドロップダウン メニューからストレージ予約ポリシーを選択します。
    4. 保存 アイコン(保存)をクリックします。
  3. (オプション) : ボリュームを削除します。
    1. ボリュームを探します。
    2. 削除 アイコン(削除)をクリックします。

    選択不能アイコンは、リンク クローンからのボリュームなどの、削除できないボリュームを表します。

  4. (オプション) : ボリュームのサイズを増やします。

    既存のボリュームのサイズを減らすことはできません。ボリュームのサイズは、ブループリントに指定されたストレージの総量から、他のボリュームに割り当てられた量を引いた値に制限されます。

    1. ボリュームを探します。
    2. 編集 アイコン(編集)をクリックします。
    3. 容量 (GB) テキスト ボックスに新しいサイズを入力します。
    4. 保存 アイコン(保存)をクリックします。

次のタスク

カスタム プロパティの追加