サービス カタログのデフォルト アイコンを変更して、カスタムの画像を表示できます。アイコンを変更すると、そのアイコンはすべてのテナントで変更されます。カタログでテナント固有のアイコンは設定できません。

始める前に

  • イメージを base64 エンコード文字列に変換します。www.dailycoding.com/UTILS/CONVERTER/IMAGETOBASE64.ASPX などの変換ツールを使用できます。

  • コマンドを実行するマシンに cURL をインストールする必要があります。

  • システム管理者ロールを持つ vRealize Automation ユーザーの認証情報が必要です。

このタスクについて

Linux、Mac、Windows 用のコマンドが用意されているので、これらのどのオペレーティング システム上でも cURL コマンドを実行できます。

手順

  1. cURL コマンドのターミナル セッションで VCAC 変数を設定します。

    オペレーティング システム

    コマンド

    Linux/Mac

    export VCAC=<VA URL>

    Windows

    set VCAC=<VA URL>

  2. システム管理者ユーザーの認証トークンを取得します。

    オペレーティング システム

    コマンド

    Linux/Mac

    curl https://$VCAC/identity/api/tokens --insecure -H "Accept: application/json" -H 'Content-Type: application/json' --data '{"username":"<Catalog Administrator User>","password":"<password>","tenant":"vsphere.local"}'

    Windows

    curl https://%VCAC%/identity/api/tokens --insecure -H "Accept:application/json" -H "Content-Type:application/json" --data "{\"username\":\"<Catalog Administrator User>\",\"password\":\"<password>\",\"tenant\":\"vsphere.local\"}"

    認証トークンが生成されます。

  3. <Auth Token> を前の手順で生成したトークン文字列に置き換えて、認証トークン変数を設定します。

    オペレーティング システム

    コマンド

    Linux/Mac

    export AUTH="Bearer <Auth Token>"

    Windows

    set AUTH=Bearer <Auth Token>

  4. base64 でエンコードされた画像の文字列を追加します。

    オペレーティング システム

    コマンド

    Linux/Mac

    curl https://$VCAC/catalog-service/api/icons --insecure -H "Accept: application/json" -H 'Content-Type: application/json' -H "Authorization: $AUTH" --data '{"id":"cafe_default_icon_genericAllServices","fileName":"<filename>","contentType":"image/png","image":"<IMAGE DATA as base64 string>"}'

    Windows

    curl https://%VCAC%/catalog-service/api/icons --insecure -H "Accept: application/json" -H "Content-Type: application/json" -H "Authorization: %AUTH%" --data "{\"id\":\"cafe_default_icon_genericAllServices\",\"fileName\":\"<filename>\",\"contentType\":\"image/png\",\"image\":\"<IMAGE DATA as base64 string>\"}"

タスクの結果

約 5 分後に新しいサービス アイコンがサービス カタログに表示されます。

デフォルト アイコンに戻す場合は、手順 1-3 を実行した後に次のコマンドを実行します。

オペレーティング システム

コマンド

Linux/Mac

curl https://$VCAC/catalog-service/api/icons/cafe_default_icon_genericAllServices --insecure -H "Authorization: $AUTH" --request DELETE

Windows

curl https://%VCAC%/catalog-service/api/icons/cafe_default_icon_genericAllServices --insecure -H "Authorization: %AUTH%" --request DELETE