データ収集の有効化や無効化、データ収集の頻度の設定、あるいはデータ収集の手動による申請を実行することができます。

始める前に

ファブリック管理者として vRealize Automation コンソールにログインします。

このタスクについて

データ収集 ページには、データ収集のステータスおよび経過時間に関する情報が表示されます。 また、コンピュート リソースのデータ収集を設定することもできます。

手順

  1. インフラストラクチャ > コンピュート リソース > コンピュート リソース を選択します。
  2. データ収集を設定するコンピュート リソースを指定し、データ収集 をクリックします。
  3. コンピュート リソース データ収集の仕様を設定します。
    • データ収集を有効にするには オン を選択します。

    • データ収集を無効にするには オフ を選択します。

  4. インベントリ データ収集を設定します。
    • データ収集を有効にするには オン を選択します。

    • データ収集を無効にするには オフ を選択します。

    • 頻度 テキスト ボックスに数字を入力してインベントリ データ収集の時間間隔(時間単位)を設定します。

    • 手動でデータ収集を開始する場合は、今すぐ申請 をクリックします。

  5. 状態 データ収集を設定します。
    • データ収集を有効にするには オン を選択します。

    • データ収集を無効にするには オフ を選択します。

    • 頻度 テキスト ボックスに数字を入力して状態データ収集の時間間隔(分単位)を設定します。

    • 手動でデータ収集を開始する場合は、今すぐ申請 をクリックします。

  6. パフォーマンス データ収集を設定します。

    このオプションを選択できるのは、vSphere の統合の場合だけです。

    • データ収集を有効にするには オン を選択します。

    • データ収集を無効にするには オフ を選択します。

    • 頻度 テキスト ボックスに数字を入力してパフォーマンス データ収集の時間間隔(時間単位)を設定します。

    • 手動でデータ収集を開始する場合は、今すぐ申請 をクリックします。

  7. スナップショット インベントリ データ収集を設定します。

    このオプションは、vRealize Business for Cloud によって管理されるコンピュート リソースの場合に選択できます。

    • データ収集を有効にするには オン を選択します。

    • データ収集を無効にするには オフ を選択します。

    • 頻度 テキスト ボックスに数字を入力してスナップショット データ収集の時間間隔(時間単位)を設定します。

    • 手動でデータ収集を開始する場合は、今すぐ申請 をクリックします。

  8. コスト データ収集を設定します。

    このオプションは、vRealize Business for Cloud によって管理されるコンピュート リソースの場合に選択できます。

    • データ収集を有効にするには オン を選択します。

    • データ収集を無効にするには オフ を選択します。

    • 頻度 テキスト ボックスに数字を入力してコスト データ収集の時間間隔(時間単位)を設定します。

    • 手動でデータ収集を開始する場合は、今すぐ申請 をクリックします。

  9. OK をクリックします。