vRealize Automation の事前検証について理解したら、それを開発環境として構成します。IT 部門と協力してこの開発環境内でブループリントを作成してテストを実施し、それらを本番環境にエクスポートできます。