テナント管理者の権限を使用して、ガバナンスの範囲が限られた特別なカタログ サービスを作成します。このサービスを使用して、Rainpole アーキテクトは、本番環境にブループリントをエクスポートする前に、作業結果を効果的にテストすることができます。ブループリント テスト サービスを作成し、vSphere CentOS ブループリントをサービスに追加して、サービスに関連するすべてのカタログ アイテムとアクションの使用資格を Rainpole アーキテクトに付与します。このようにすることで、アーキテクトはカタログ アイテムをプロビジョニングして作業結果を確認できます。

このタスクについて



これは、Rainpole 向けの vRealize Automation 開発環境を構成するためのワークフロー全 3 工程のうち 3 番目の手順です。オンデマンド サービスの設計が最後の手順ですが、これは、新しいサービスを設計するたびに繰り返し行う複数のステップのプロセスです。