あなたは vSphere 管理者で、vRealize Automation のテンプレートを作成しています。vSphere Web Client を使用して、vRealize Automation で CentOS マシンのクローンを作成する準備をしようとしています。

このタスクについて



これは、Rainpole 向けに vRealize Automation をインストールするためのワークフロー全 4 工程のうち 3 番目の手順です。


また、あなたと Rainpole アーキテクトが vRealize Automation で CentOS マシンのクローン作成用ブループリントを作成できるように、既存の CentOS リファレンス マシンを vSphere テンプレートに変換する予定です。さらに、同一の設定で複数の仮想マシンを展開することにより生じる競合を防ぐために、あなたとアーキテクトが Linux テンプレートのクローン ブループリントを作成する際に使用できる一般的なカスタム仕様 も作成したいと思っています。