vSphere 管理者として、vRealize Automation の最小導入をインストールする vSphere 環境を準備します。

始める前に

稼働中の vSphere 環境への管理アクセスがあることを確認します。これには vSphere ClientvSphere Web Client へのアクセスが含まれます。

このタスクについて



これは Rainpole 用の vRealize Automation をインストールするワークフローの 4 つの手順の 1 つ目です。


インストールを開始する前に、重要な環境変数と環境設定を後で参照できるように記録しておくためのワークシートを作成します。vSphere 資格情報と DNS エントリを作成して、Rainpole をインストールする環境を準備します。次に、2 台の仮想マシンを準備します。vRealize Automation IaaS コンポーネントをホストする Windows サーバと OVF ファイルから導入する vRealize Automation アプライアンスです。



vRealize Automation の Rainpole 展開には 2 台のマシンが含まれます。すべての IaaS コンポーネントがインストールされる Windows サーバと vRealize Automation アプライアンスです。