IaaS 管理者の権限とテナント管理者の権限を組み合わせて使用して、vRealize Automation で作成された vSphere マシンの先頭に付加するプリフィックスを作成し、vSphere リソースをファブリック グループとして構成し、リソースを vRealize Automation アーキテクトのカスタム グループに割り当てます。

このタスクについて



これは Rainpole 用の vRealize Automation 開発環境を構成するワークフローの 3 つのステップのうちのステップ 2 です。