構成管理者の権限を使用して、Rainpole 環境を簡単に設定したり PoC(事前検証)vRealize Automation 導入環境を評価したりするためのカタログ アイテムを要請します。

このタスクについて



これは Rainpole 用の vRealize Automation をインストールするワークフローの 4 つのステップのうちのステップ 4 です。


vRealize Automation インストールの過程で、構成管理者とカタログ アイテムを作成して初期コンテンツを展開するように指定しました。vRealize Automation コンソールに構成管理者(ユーザー名 configurationadmin)としてログインし、初期コンテンツ カタログ アイテムを要請します。vSphere 初期セットアップ カタログ アイテムでは、必須の vRealize Automation 要素が作成されます。また、vSphere 環境から テンプレートが vRealize Automation カタログ アイテムとして発行され、それらのアイテムを要請することができます。