vRealize Automation の中規模導入環境のシステム構成は、管理対象マシン数が最大 30,000 台で、必要に応じて仮想マシン、ロード バランサ、およびポート構成が含まれます。

サポート

中規模導入環境では次のアイテムをサポートできます。

  • 管理対象マシン数 30,000 台

  • カタログ アイテム数 1,000 個

  • マシン プロビジョニング数 50 台

要件

中規模導入環境は、適切なシステム構成要件を満たしている必要があります。

仮想アプライアンス

  • vRealize Automation アプライアンス 1:vrava-1.ra.local

  • vRealize Automation アプライアンス 2:vrava-2.ra.local

  • vRealize Business for Cloud アプライアンス:vrb.ra.local

Windows Server 仮想マシン

  • インフラストラクチャ Web/マネージャ サーバ 1(アクティブ Web または DEM-O、アクティブ マネージャ):inf-1.ra.local

  • インフラストラクチャ Web/マネージャ サーバ 2(アクティブ Web または DEM-O、パッシブ マネージャ):inf-2.ra.local

  • インフラストラクチャ DEM サーバ 1:dem-1.ra.local

  • インフラストラクチャ DEM サーバ 2:dem-2.ra.local

  • インフラストラクチャ エージェント サーバ 1:agent-1.ra.local

  • インフラストラクチャ エージェント サーバ 2:agent-2.ra.local

データベース サーバ

  • MSSQL フェイルオーバー クラスタ インスタンス:mssql.ra.local

ロード バランサ

  • vRealize Automation アプライアンス ロード バランサ:med-vrava.ra.local

  • インフラストラクチャ Web ロード バランサ:med-web.ra.local

  • インフラストラクチャ マネージャ サービス ロード バランサ:med-manager.ra.local

証明書

この表で用いられているホスト名は例示用です。

サーバ ロール

CN または SAN

vRealize Automation アプライアンス

SAN は以下のホスト名を含みます。

  • vrava.ra.local

  • vrava-1.ra.local

  • vrava-2.ra.local

インフラストラクチャ Web/マネージャ サーバ

SAN は以下のホスト名を含みます。

  • web.ra.local

  • manager.ra.local

  • inf-1.ra.local

  • inf-2.ra.local

vRealize Business for Cloud アプライアンス

CN = vrb.ra.local

ポート

ユーザーは特定のポートにアクセスする必要があります。記載のポートはいずれもデフォルト ポートです。

サーバ ロール

ポート

vRealize Automation アプライアンス ロード バランサ

443, 8444. ポート 8444 は仮想マシン リモート コンソールで必要とされます。

管理者は、ユーザーが必要とするポートに加えて、特定のポートにアクセスする必要があります。

サーバ ロール

ポート

vRealize Automation アプライアンス VAMI

5480, 8443. ポート 8443 は ID 管理の詳細構成のために使われます。

vRealize Appliance Orchestrator コントロール センター

8283

vRealize Business for Cloud サーバ

5480

次の表にアプリケーション間通信を示します。

サーバ ロール

受信用ポート

サービスまたはシステムの送信用ポート

vRealize Automation アプライアンス

HTTPS:

アダプタ構成:8443

リモート コンソール プロキシ:8444

Postgres:5432

RabbitMQ:4369、25672、5671、5672

ElasticSearch:9300、40002、40003

Stomp:61613

SSH:22

LDAP:389

LDAPS:636

vRealize Automationアプライアンス(その他すべて):5432、4369、25672、5671、5672、9300、40002、40003

vRealize Automation インフラストラクチャ Web ロード バランサ:443

VMware ESXi:902。インフラストラクチャ Web/マネージャは、仮想マシン リモート コンソールのチケットを取得するために、vSphere エンドポイントのポート 443 にアクセスする必要があります。vRealize Automation アプライアンス は、コンソール データをユーザーに送るために、ESXi ホストのポート 902 にアクセスする必要があります。

インフラストラクチャ Web/マネージャ サーバ

HTTPS:443

MSDTC:135、1024-65535。この範囲を絞り込む方法については、vRealize Automation の展開 の「データベース展開」を参照してください。

vRealize Automation アプライアンス ロード バランサ:443

vRealize Automation インフラストラクチャ Web ロード バランサ:443

vRealize Automation アプライアンス(仮想アプライアンス):5480。

vSphere エンドポイント:443。インフラストラクチャ Web/マネージャは、仮想マシン リモート コンソールのチケットを取得するために、vSphere エンドポイントのポート 443 にアクセスする必要があります。vRealize Automation アプライアンス は、コンソール データをユーザーに送るために、ESXi ホストのポート 902 にアクセスする必要があります。

MSSQL:135、1433、1024-65535。この範囲を絞り込む方法については、vRealize Automation の展開 の「データベース展開」を参照してください。

インフラストラクチャ DEM サーバ

なし

vRealize Automation アプライアンス ロード バランサ:443

vRealize Automation インフラストラクチャ Web ロード バランサ:443

vRealize Automation インフラストラクチャ マネージャ ロード バランサ:443

vRealize Automation アプライアンス(仮想アプライアンス):5480。

インフラストラクチャ エージェント サーバ

なし

vRealize Automation インフラストラクチャ Web ロード バランサ:443

vRealize Automation インフラストラクチャ マネージャ ロード バランサ:443

vRealize Automation アプライアンス(仮想アプライアンス):5480。

MSSQL データベース サーバ

MSSQL:1433

MSDTC:135、1024-65535。この範囲を絞り込む方法については、vRealize Automation の展開 の「データベース展開」を参照してください。

インフラストラクチャ Web/マネージャ サーバ:135、1024-65535。この範囲を絞り込む方法については、vRealize Automation の展開 の「データベース展開」を参照してください。

vRealize Business for Cloud サーバ

HTTPS:443

SSH:22

仮想アプライアンス管理コンソール:5480

vRealize Automation アプライアンス ロード バランサ:443

vRealize Automation インフラストラクチャ Web ロード バランサ:443

ロード バランサによるアクセスには以下のポートが必要です。

ロード バランサ

バランシング済みポート

vRealize Automation アプライアンス ロード バランサ

443, 8444

vRealize Automation インフラストラクチャ Web ロード バランサ

443

vRealize Automation インフラストラクチャ マネージャ サービス ロード バランサ

443

グラフィック

図 1. vRealize Automation の中規模構成の最小占有量

図 2. vRealize Business for Cloud の中規模構成の最小占有量