物理エンドポイントを含む環境はアップグレードできません。タイプが物理のエンドポイントがあると、vRealize Automation のアップグレード プロセスが完了できません。

アップグレード前の環境に物理エンドポイントが見つかった場合、アップグレードはマスター仮想アプライアンスで失敗し、ユーザー インターフェイスとログでメッセージが報告されます。アップグレード前の環境に物理エンドポイントが含まれるかどうかを確認するには、IaaS 管理者権限を使用して vRealize Automation にログインし、インフラストラクチャ > エンドポイント の順に選択して、エンドポイント リストのプラットフォーム タイプの値を確認します。リストに Platform Type Physical のエンドポイントが含まれる場合は、アップグレードはサポートされません。

ブループリントの物理エンドポイント、予約、およびマシン コンポーネントは、ターゲットの vRealize Automation 展開でサポートされていません。