vRealize Automation で使用する vRealize Orchestrator のスタンドアロンの外部インスタンスを維持している場合は、vRealize Automation をアップグレードするときに vRealize Orchestrator をアップグレードする必要があります。

始める前に

このタスクについて

vRealize Orchestrator の組み込みインスタンスは、vRealize Automation アプライアンスのアップグレードの一部としてアップグレードされます。その他の操作は必要ありません。

手順

  1. vRealize Orchestrator ノードをシャットダウンします。
  2. スナップショットを作成します。
  3. RAM を 6 GB に増やします。
  4. vRealize Orchestrator ノードをパワーオンします。
  5. https://orchestrator_server:5480 から vRealize Orchestrator アプライアンス構成ポータルにログインします。
  6. 構成ポータルの [更新] タブを選択し、設定 をクリックします。
  7. アップグレード方法を選択し、設定の保存 をクリックします。
  8. ステータス をクリックします。
  9. 更新のチェック をクリックします。
  10. アップデートをインストール をクリックします。
  11. VMware のエンド ユーザー使用許諾契約書に同意します。
  12. 更新が完了したら、vRealize Orchestrator アプライアンスを再起動します。
  13. コントロール センターから、vCAC Cafe、vCAC IaaS、および NSX を含む vRealize Automation のデフォルト プラグインをアップグレードします。
  14. vRealize Orchestrator サービスを再起動します。