管理エージェントまたは証明書が IaaS ノードでアップグレードされず、管理コンソールにエラー メッセージが表示されます。

アップグレードで IaaS ノードのアップグレードが行わず、管理エージェントまたは証明書に関するエラー メッセージが管理コンソールに表示される場合は、次の提案事項に従って、問題のトラブルシューティングを行ってください。

  • 影響を受けているノード上の管理エージェントのログにエラーがないかを確認します。

  • [プログラムと機能] でバージョン番号をチェックして、管理エージェントが自動アップグレードされていないかを確認します。

  • 管理エージェントがアップグレードされている場合は、そのサービスが実行中であることを確認します。

  • 管理エージェントがアップグレードされており、実行中である場合は、仮想アプライアンスでアップグレードを再開します。

  • 管理エージェントがアップグレードされていない場合は、管理エージェントの手動アップグレードを実行します。ブラウザを開いて、vRealize Automation アプライアンス の VMware vRealize Automation IaaS インストール ページ (https://virtual_appliance_host:5480/installer) に移動します。管理エージェントのインストーラをダウンロードして、実行します。仮想アプライアンスでアップグレードを再開します。

  • 自動アップグレード シェル スクリプトを使用した IaaS コンポーネントのアップグレードを計画している場合は、vRealize Automation 7.2 のダウンロード ページで別パッケージとして提供されている管理エージェントのインストーラをダウンロードしてください。詳細については、ナレッジベースの記事KB2147926を参照してください。

    vRealize Automation 仮想アプライアンスに含まれている管理エージェントのインストーラは使用しないでください。