仮想アプライアンスは、アプライアンスが仮想 CD-ROM ドライブから読み取る ISO ファイルからアップデートできます。これが推奨される方法です。

始める前に

  • 既存の vRealize Automation 環境をバックアップします。

  • vRealize Automation アプライアンス をアップデートする前に、アップグレードで使用するすべての CD-ROM ドライブを有効にする必要があります。 vSphere クライアントで仮想マシンに CD-ROM ドライブを追加する際の詳細については、vSphere ドキュメント センターを参照してください。

このタスクについて

ISO ファイルをダウンロードし、プライマリ アプライアンスを設定したら、このファイルを使用してアプライアンスをアップグレードします。

手順

  1. アップデート リポジトリ ISO ファイルをダウンロードするには、www.vmware.com のvRealize Automation 製品ページにアクセスします。vRealize Automation ダウンロード リソース をクリックして VMware ダウンロード ページに移動します。
  2. システム上でダウンロードしたファイルを探し、このサイズが VMware ダウンロード ページ上のファイルと同一であることを確認します。ダウンロード ページに記載されているチェックサムを使用して、ダウンロードしたファイルの整合性を検証します。詳細については、VMware ダウンロード ページの下にあるリンクを参照してください。
  3. プライマリ仮想アプライアンスが起動していることを確認します。
  4. プライマリ仮想アプライアンスの CD-ROM ドライブを、ダウンロードした ISO ファイルに接続します。
  5. 完全修飾ドメイン名 https://va-hostname.domain.name:5480 を使用して仮想アプライアンスの管理コンソールに移動します。
  6. ユーザー名 root と、アプライアンスを展開したときに指定したパスワードを使用してログインします。
  7. アップデート タブをクリックします。
  8. 設定 をクリックします。
  9. [アップデートリポジトリ] で、CD-ROM アップデートを使用 を選択します。
  10. 設定の保存 をクリックします。