マスター アプライアンスのアップデート中に、レプリカの vRealize Automation アプライアンス がアップデートに失敗します。

接続の問題やその他の障害により、レプリカ アプライアンスがアップデートに失敗する場合があります。その場合、マスター vRealize Automation アプライアンス更新 タブに警告メッセージが表示され、アップデートに失敗したレプリカが強調表示されます。

手順

  1. レプリカの仮想アプライアンスのスナップショットまたはバックアップをアップデート前の状態に戻して、パワーオンします。
  2. レプリカ アプライアンス上で vRealize Automation アプライアンス管理コンソールを開きます。
    1. 完全修飾ドメイン名 https://va-hostname.domain.name:5480 を使用して仮想アプライアンスの管理コンソールに移動します。
    2. ユーザー名 root と、アプライアンスを展開したときに指定したパスワードを使用してログインします。
  3. 更新 > 設定 の順にクリックします。
  4. [リポジトリをアップデート] セクションで、アップデートを VMware リポジトリからダウンロードするか CD-ROM から取得するかを選択します。
  5. ステータス をクリックします。
  6. アップデートの確認 をクリックし、アップデートが利用可能かどうかを確認します。
  7. アップデートをインストール をクリックします。
  8. OK をクリックします。

    アップデート処理が進行していることを示すメッセージが表示されます。

  9. ログ ファイルを開いて、アップグレードが正常に進行していることを確認します。
    • /opt/vmware/var/log/vami/vami.log

    • /var/log/vmware/horizon/horizon.log

    アップグレード中にログアウトし、アップグレードの完了前に再度ログインした場合は、ログ ファイルで更新の進行状況を継続して確認できます。updatecli.log ファイルに、アップグレード元のバージョンの vRealize Automation の情報が表示される場合があります。この表示されたバージョンは、アップグレード プロセスの進行に合わせて後で適切なバージョンに変わります。

    アップデートが終了するまでの時間は、環境によって異なります。

  10. アップデートが完了したら、仮想アプライアンスを再起動します。
    1. システム をクリックします。
    2. 再起動 をクリックし、選択を確認します。
  11. vRA 設定 > クラスタ の順に選択します。
  12. マスター vRealize Automation アプライアンスの FQDN を入力し、クラスタに参加 をクリックします。