IaaS コンポーネントをホストするすべての Windows サーバは、一定の要件を満たす必要があります。vRealize Automation インストール ウィザードまたは Windows ベースの標準インストーラを実行する前に、要件に対処してください。

重要: インストールすると、Windows ファイアウォールは無効になります。サイト ポリシーで Windows ファイアウォールが必須になっている場合は、インストール後に再度有効にし、IaaS Windows サーバ ポートを個別に開きます。 IaaS Windows サーバのポートを参照してください。
  • すべての IaaS Windows サーバを同一のドメインに配置します。ワークグループは使用しないでください。
  • 各サーバには、以下の最小ハードウェアが必要です。
    • 2 個の CPU
    • 8 GB のメモリ
    • 40 GB のディスク ストレージ

    SQL データベースと IaaS コンポーネントの両方をホストするサーバは、追加のハードウェアを必要とする場合があります。

  • IaaS Windows サーバと SQL Server データベース ホストは、NETBIOS 名で相互に解決できる必要があります。必要に応じて、各 IaaS Windows サーバおよび SQL Server データベース ホストの /etc/hosts ファイルに NETBIOS 名を追加し、マシンを再起動します。
  • ハードウェア リソースの要求が過大になるため、VMware Workstation には展開しないでください。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 をインストールします。
  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降をインストールします。

    .NET は、どの vRealize Automation アプライアンスからも次の URL で入手できます。

    https://vrealize-automation-appliance-FQDN:5480/installer

    ダウンロードに Internet Explorer を使用する場合、セキュリティ強化の構成が無効になっていることを確認します。Windows サーバで res://iesetup.dll/SoftAdmin.htm に移動します。

  • お使いの Windows のバージョンに基づいて、Microsoft PowerShell 3.0 または 4.0 をインストールします。

    一部の vRealize Automation アップグレードまたは移行では、現在実行している PowerShell のバージョンに加えて、それ以前またはそれ以降のバージョンが必要になる場合があります。

  • 最小サイズより大きい展開の場合は、IaaS Windows サーバを英語のロケールに設定します。
  • 複数の IaaS コンポーネントを同じ Windows サーバにインストールする場合は、同じインストール フォルダにインストールするように計画します。異なるパスを使用しないでください。
  • IaaS サーバでは、認証に TLS を使用します。これは、一部の Windows サーバでデフォルトで有効です。

    一部のサイトでは、セキュリティ上の理由から、TLS が無効ですが、少なくとも 1 つの TLS プロトコルを有効にしておく必要があります。このバージョンの vRealize Automation では、TLS 1.2 をサポートします。

  • 分散トランザクション コーディネータ (DTC) サービスを有効にします。IaaS では、データベースのトランザクションや、ワークフロー作成などのアクションを実行するために DTC を使用します。
    注: マシンのクローンを作成して IaaS Windows サーバを作成する場合は、クローン作成後、このクローンに DTC をインストールします。DTC が既にインストールされているマシンのクローンを作成した場合、一意の識別子がクローンにコピーされ、通信が失敗します。 Manager Service 通信のエラーを参照してください。

    DTC が IaaS から切断されている場合は、SQL データベースをホストするサーバで DTC を有効にします。DTC の有効化の詳細については、VMware ナレッジベースの記事 KB2038943を参照してください。

  • セカンダリ ログイン サービスが実行されていることを確認します。 このサービスは、必要に応じてインストールの完了後に停止することができます。