クラウド管理者として vRealize Automation Cloud Assembly での作業を開始する前に、パブリック クラウドとプライベート クラウドのアカウントに関する情報を収集する必要があります。クラウド リソースの追加を開始するには、このチェックリストを使用します。

vRealize Automation Cloud Assembly を使用する前に

目的 必要なもの

vRealize Automation Cloud Assembly に登録してログインする

VMware ID。

  • 会社のメール アドレスを使用して、My VMware アカウントを設定します。

vRealize Automation サービスに接続する

ファイアウォールを介して以下にアクセスする送信トラフィックに対して開いている HTTPS ポート 443。
  • *.vmwareidentity.com
  • gaz.csp-vidm-prod.com
  • *.vmware.com

ポートとプロトコルの詳細については、VMware Ports and Protocolsを参照してください。

必要なポートおよびプロトコルの関連情報については、次を参照してください。

Amazon Web Services (AWS) クラウド アカウントの追加

読み取りおよび書き込み権限を持つパワー ユーザー アカウントを指定します。ユーザー アカウントは、AWS IAM(ID およびアクセス権の管理)システムのパワー アクセス ポリシー (PowerUserAccess) のメンバーであることが必要です。
  • 20 桁のアクセス キー ID および対応するプライベート アクセス キー

外部 HTTP インターネット プロキシを使用する場合は、IPv4 用に設定する必要があります。

vRealize Automation アクション ベースの拡張性 (ABX) と外部 IP アドレス管理の統合には、追加の権限が必要になることがあります。

自動スケーリング機能を使用するには、次の AWS 権限が推奨されます。
  • 自動スケーリングのアクション:
    • autoscaling:DescribeAutoScalingInstances
    • autoscaling:AttachInstances
    • autoscaling:DeleteLaunchConfiguration
    • autoscaling:DescribeAutoScalingGroups
    • autoscaling:CreateAutoScalingGroup
    • autoscaling:UpdateAutoScalingGroup
    • autoscaling:DeleteAutoScalingGroup
    • autoscaling:DescribeLoadBalancers
  • 自動スケーリングのリソース:
    • *

      自動スケーリングのすべてのリソース権限を付与します。

AWS の ID とアクセス権に関する一時的な制限付き権限の認証情報を AWS Security Token Service (AWS STS) の機能がサポートできるようにするには、次の権限が必要です。
  • AWS STS リソース:
    • *

      すべての STS リソース権限を付与します。

EC2 機能を許可するには、次の AWS 権限が必要です。
  • EC2 のアクション:
    • ec2:AttachVolume
    • ec2:AuthorizeSecurityGroupIngress
    • ec2:DeleteSubnet
    • ec2:DeleteSnapshot
    • ec2:DescribeInstances
    • ec2:DeleteTags
    • ec2:DescribeRegions
    • ec2:DescribeVolumesModifications
    • ec2:CreateVpc
    • ec2:DescribeSnapshots
    • ec2:DescribeInternetGateways
    • ec2:DeleteVolume
    • ec2:DescribeNetworkInterfaces
    • ec2:StartInstances
    • ec2:DescribeAvailabilityZones
    • ec2:CreateInternetGateway
    • ec2:CreateSecurityGroup
    • ec2:DescribeVolumes
    • ec2:CreateSnapshot
    • ec2:ModifyInstanceAttribute
    • ec2:DescribeRouteTables
    • ec2:DescribeInstanceTypes
    • ec2:DescribeInstanceTypeOfferings
    • ec2:DescribeInstanceStatus
    • ec2:DetachVolume
    • ec2:RebootInstances
    • ec2:AuthorizeSecurityGroupEgress
    • ec2:ModifyVolume
    • ec2:TerminateInstances
    • ec2:DescribeSpotFleetRequestHistory
    • ec2:DescribeTags
    • ec2:CreateTags
    • ec2:RunInstances
    • ec2:DescribeNatGateways
    • ec2:StopInstances
    • ec2:DescribeSecurityGroups
    • ec2:CreateVolume
    • ec2:DescribeSpotFleetRequests
    • ec2:DescribeImages
    • ec2:DescribeVpcs
    • ec2:DeleteSecurityGroup
    • ec2:DeleteVpc
    • ec2:CreateSubnet
    • ec2:DescribeSubnets
    • ec2:RequestSpotFleet
      注: vRealize Automation アクション ベースの拡張性 (ABX) または外部 IP アドレス管理の統合には、SpotFleet 要求権限は必要ありません。
  • EC2 のリソース:
    • *

      すべての EC2 リソース権限を付与します。

弾性ロード バランシング機能を使用するには、次の AWS 権限が必要です。
  • ロード バランサのアクション:
    • elasticloadbalancing:DeleteLoadBalancer
    • elasticloadbalancing:DescribeLoadBalancers
    • elasticloadbalancing:RemoveTags
    • elasticloadbalancing:CreateLoadBalancer
    • elasticloadbalancing:DescribeTags
    • elasticloadbalancing:ConfigureHealthCheck
    • elasticloadbalancing:AddTags
    • elasticloadbalancing:CreateTargetGroup
    • elasticloadbalancing:DeleteLoadBalancerListeners
    • elasticloadbalancing:DeregisterInstancesFromLoadBalancer
    • elasticloadbalancing:RegisterInstancesWithLoadBalancer
    • elasticloadbalancing:CreateLoadBalancerListeners
  • ロード バランサ リソース:
    • *

      ロード バランサ リソースのすべての権限を付与します。

次の AWS の ID およびアクセス権の管理 (IAM) 権限を有効にすることはできますが、必須ではありません。

  • iam:SimulateCustomPolicy
  • iam:GetUser
  • iam:ListUserPolicies
  • iam:GetUserPolicy
  • iam:ListAttachedUserPolicies
  • iam:GetPolicyVersion
  • iam:ListGroupsForUser
  • iam:ListGroupPolicies
  • iam:GetGroupPolicy
  • iam:ListAttachedGroupPolicies
  • iam:ListPolicyVersions

Microsoft Azure クラウド アカウントを追加する

Microsoft Azure インスタンスを設定し、有効な Microsoft Azure サブスクリプションを取得します(サブスクリプション ID が必要となります)。

方法:リソースにアクセスできる Azure AD アプリケーションとサービス プリンシパルをポータルで作成するの説明に従って、Active Directory アプリケーションを作成します。

外部 HTTP インターネット プロキシを使用する場合は、IPv4 用に設定する必要があります。

次の情報をメモしておきます。
  • サブスクリプション ID

    Microsoft Azure サブスクリプションへのアクセスを許可します。

  • テナント ID

    Microsoft Azure アカウントで作成した Active Directory アプリケーションの認証エンドポイント。

  • クライアント アプリケーションの ID

    Microsoft Azure 個人アカウントの Microsoft Active Directory へのアクセスを提供します。

  • クライアント アプリケーションのプライベート キー

    クライアント アプリケーション ID とペアリングするために生成された一意のプライベート キー。

Microsoft Azure クラウド アカウントを作成および検証するには、次の権限が必要です。
  • Microsoft Compute
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/write
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/read
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/delete
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/deallocate/action
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/delete
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/powerOff/action
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/read
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/restart/action
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/start/action
    • Microsoft.Compute/virtualMachines/write
    • Microsoft.Compute/availabilitySets/write
    • Microsoft.Compute/availabilitySets/read
    • Microsoft.Compute/availabilitySets/delete
    • Microsoft.Compute/disks/delete
    • Microsoft.Compute/disks/read
    • Microsoft.Compute/disks/write
  • Microsoft Network
    • Microsoft.Network/loadBalancers/backendAddressPools/join/action
    • Microsoft.Network/loadBalancers/delete
    • Microsoft.Network/loadBalancers/read
    • Microsoft.Network/loadBalancers/write
    • Microsoft.Network/networkInterfaces/join/action
    • Microsoft.Network/networkInterfaces/read
    • Microsoft.Network/networkInterfaces/write
    • Microsoft.Network/networkInterfaces/delete
    • Microsoft.Network/networkSecurityGroups/join/action
    • Microsoft.Network/networkSecurityGroups/read
    • Microsoft.Network/networkSecurityGroups/write
    • Microsoft.Network/networkSecurityGroups/delete
    • Microsoft.Network/publicIPAddresses/delete
    • Microsoft.Network/publicIPAddresses/join/action
    • Microsoft.Network/publicIPAddresses/read
    • Microsoft.Network/publicIPAddresses/write
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/read
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/delete
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/join/action
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/read
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/subnets/write
    • Microsoft.Network/virtualNetworks/write
  • Microsoft Resources
    • Microsoft.Resources/subscriptions/resourcegroups/delete
    • Microsoft.Resources/subscriptions/resourcegroups/read
    • Microsoft.Resources/subscriptions/resourcegroups/write
  • Microsoft Storage
    • Microsoft.Storage/storageAccounts/delete
    • Microsoft.Storage/storageAccounts/listKeys/action

    • Microsoft.Storage/storageAccounts/read
    • Microsoft.Storage/storageAccounts/write

  • Microsoft Web
    • Microsoft.Web/sites/read
    • Microsoft.Web/sites/write
    • Microsoft.Web/sites/delete
    • Microsoft.Web/sites/config/read
    • Microsoft.Web/sites/config/write
    • Microsoft.Web/sites/config/list/action
    • Microsoft.Web/sites/publishxml/action
    • Microsoft.Web/serverfarms/write
    • Microsoft.Web/serverfarms/delete
    • Microsoft.Web/sites/hostruntime/functions/keys/read
    • Microsoft.Web/sites/hostruntime/host/read
    • Microsoft.web/sites/functions/masterkey/read
Microsoft Azure をアクションベースの拡張機能とともに使用している場合は、最小限の権限に加えて、次の権限が必要です。
  • Microsoft.Web/sites/read
  • Microsoft.Web/sites/write
  • Microsoft.Web/sites/delete
  • Microsoft.Web/sites/*/action
  • Microsoft.Web/sites/config/read
  • Microsoft.Web/sites/config/write
  • Microsoft.Web/sites/config/list/action
  • Microsoft.Web/sites/publishxml/action
  • Microsoft.Web/serverfarms/write
  • Microsoft.Web/serverfarms/delete
  • Microsoft.Web/sites/hostruntime/functions/keys/read
  • Microsoft.Web/sites/hostruntime/host/read
  • Microsoft.Web/sites/functions/masterkey/read
  • Microsoft.Web/apimanagementaccounts/apis/read
  • Microsoft.Authorization/roleAssignments/read
  • Microsoft.Authorization/roleAssignments/write
  • Microsoft.Authorization/roleAssignments/delete
  • Microsoft.Insights/Components/Read
  • Microsoft.Insights/Components/Write
  • Microsoft.Insights/Components/Query/Read
拡張機能を使用して、アクションベースの拡張性を持つ Microsoft Azure を使用している場合は、次の権限も必要です。
  • Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/write
  • Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/read
  • Microsoft.Compute/virtualMachines/extensions/delete

Google Cloud Platform (GCP) クラウド アカウントの追加

Google Cloud Platform クラウド アカウントは、Google Cloud Platform コンピューティング エンジンと連携して動作します。

Google Cloud Platform クラウド アカウントを作成および検証するには、プロジェクト管理者および所有者の認証情報が必要です。

外部 HTTP インターネット プロキシを使用する場合は、IPv4 用に設定する必要があります。

コンピューティング エンジン サービスを有効にする必要があります。vRealize Automation でクラウド アカウントを作成する場合は、コンピューティング エンジンが初期化されたときに作成されたサービス アカウントを使用します。

ユーザーが実行できるアクションに応じて、次のコンピューティング エンジンの権限も必要です。

  • roles/compute.admin

    すべてのコンピューティング エンジン リソースに対するフル コントロールを提供します。

  • roles/iam.serviceAccountUser
    サービス アカウントとして実行するように設定された仮想マシン インスタンスを管理するユーザーに、アクセスを提供します。次のリソースおよびサービスへのアクセスを許可します。
    • compute.*
    • resourcemanager.projects.get
    • resourcemanager.projects.list
    • serviceusage.quotas.get
    • serviceusage.services.get
    • serviceusage.services.list
  • roles/compute.imageUser

    イメージに対する他の権限がなくてもイメージの一覧表示と読み取りができる権限を提供します。プロジェクト レベルで compute.imageUser ロールが付与されたユーザーは、そのプロジェクト内のすべてのイメージを一覧表示できます。また、プロジェクト内のイメージに基づいてインスタンスやパーシステント ディスクなどのリソースを作成できます。

    • compute.images.get
    • compute.images.getFromFamily
    • compute.images.list
    • compute.images.useReadOnly
    • resourcemanager.projects.get
    • resourcemanager.projects.list
    • serviceusage.quotas.get
    • serviceusage.services.get
    • serviceusage.services.list
  • roles/compute.instanceAdmin

    仮想マシン インスタンスを作成、変更、削除する権限を提供します。これには、ディスクの作成、変更、削除をする権限、およびシールドされた VMBETA 設定を設定する権限が含まれます。

    仮想マシン インスタンス(サービス アカウントとして実行されるネットワークまたはセキュリティの設定とインスタンスは除く)を管理するユーザーの場合、インスタンスを含む組織、フォルダ、またはプロジェクトに、または個々のインスタンスにこのロールを付与します。

    サービス アカウントとして実行するように設定された仮想マシン インスタンスを管理するユーザーにも、roles/iam.serviceAccountUser ロールが必要です。

    • compute.acceleratorTypes
    • compute.addresses.get
    • compute.addresses.list
    • compute.addresses.use
    • compute.autoscalers
    • compute.diskTypes
    • compute.disks.create
    • compute.disks.createSnapshot
    • compute.disks.delete
    • compute.disks.get
    • compute.disks.list
    • compute.disks.resize
    • compute.disks.setLabels
    • compute.disks.update
    • compute.disks.use
    • compute.disks.useReadOnly
    • compute.globalAddresses.get
    • compute.globalAddresses.list
    • compute.globalAddresses.use
    • compute.globalOperations.get
    • compute.globalOperations.list
    • compute.images.get
    • compute.images.getFromFamily
    • compute.images.list
    • compute.images.useReadOnly
    • compute.instanceGroupManagers
    • compute.instanceGroups
    • compute.instanceTemplates
    • compute.instances
    • compute.licenses.get
    • compute.licenses.list
    • compute.machineTypes
    • compute.networkEndpointGroups
    • compute.networks.get
    • compute.networks.list
    • compute.networks.use
    • compute.networks.useExternalIp
    • compute.projects.get
    • compute.regionOperations.get
    • compute.regionOperations.list
    • compute.regions
    • compute.reservations.get
    • compute.reservations.list
    • compute.subnetworks.get
    • compute.subnetworks.list
    • compute.subnetworks.use
    • compute.subnetworks.useExternalIp
    • compute.targetPools.get
    • compute.targetPools.list
    • compute.zoneOperations.get
    • compute.zoneOperations.list
    • compute.zones
    • resourcemanager.projects.get
    • resourcemanager.projects.list
    • serviceusage.quotas.get
    • serviceusage.services.get
    • serviceusage.services.list
  • roles/compute.instanceAdmin.v1
    コンピューティング エンジン インスタンス、インスタンス グループ、ディスク、スナップショット、イメージに対するフル コントロールを提供します。また、すべてのコンピューティング エンジン ネットワーク リソースへの読み取りアクセスも提供します。
    注: このロールをインスタンス レベルで付与されたユーザーは、新しいインスタンスを作成できなくなります。
    • compute.acceleratorTypes
    • compute.addresses.get
    • compute.addresses.list
    • compute.addresses.use
    • compute.autoscalers
    • compute.backendBuckets.get
    • compute.backendBuckets.list
    • compute.backendServices.get
    • compute.backendServices.list
    • compute.diskTypes
    • compute.disks
    • compute.firewalls.get
    • compute.firewalls.list
    • compute.forwardingRules.get
    • compute.forwardingRules.list
    • compute.globalAddresses.get
    • compute.globalAddresses.list
    • compute.globalAddresses.use
    • compute.globalForwardingRules.get
    • compute.globalForwardingRules.list
    • compute.globalOperations.get
    • compute.globalOperations.list
    • compute.healthChecks.get
    • compute.healthChecks.list
    • compute.httpHealthChecks.get
    • compute.httpHealthChecks.list
    • compute.httpsHealthChecks.get
    • compute.httpsHealthChecks.list
    • compute.images
    • compute.instanceGroupManagers
    • compute.instanceGroups
    • compute.instanceTemplates
    • compute.instances
    • compute.interconnectAttachments.get
    • compute.interconnectAttachments.list
    • compute.interconnectLocations
    • compute.interconnects.get
    • compute.interconnects.list
    • compute.licenseCodes
    • compute.licenses
    • compute.machineTypes
    • compute.networkEndpointGroups
    • compute.networks.get
    • compute.networks.list
    • compute.networks.use
    • compute.networks.useExternalIp
    • compute.projects.get
    • compute.projects.setCommonInstanceMetadata
    • compute.regionBackendServices.get
    • compute.regionBackendServices.list
    • compute.regionOperations.get
    • compute.regionOperations.list
    • compute.regions
    • compute.reservations.get
    • compute.reservations.list
    • compute.resourcePolicies
    • compute.routers.get
    • compute.routers.list
    • compute.routes.get
    • compute.routes.list
    • compute.snapshots
    • compute.sslCertificates.get
    • compute.sslCertificates.list
    • compute.sslPolicies.get
    • compute.sslPolicies.list
    • compute.sslPolicies.listAvailableFeatures
    • compute.subnetworks.get
    • compute.subnetworks.list
    • compute.subnetworks.use
    • compute.subnetworks.useExternalIp
    • compute.targetHttpProxies.get
    • compute.targetHttpProxies.list
    • compute.targetHttpsProxies.get
    • compute.targetHttpsProxies.list
    • compute.targetInstances.get
    • compute.targetInstances.list
    • compute.targetPools.get
    • compute.targetPools.list
    • compute.targetSslProxies.get
    • compute.targetSslProxies.list
    • compute.targetTcpProxies.get
    • compute.targetTcpProxies.list
    • compute.targetVpnGateways.get
    • compute.targetVpnGateways.list
    • compute.urlMaps.get
    • compute.urlMaps.list
    • compute.vpnTunnels.get
    • compute.vpnTunnels.list
    • compute.zoneOperations.get
    • compute.zoneOperations.list
    • compute.zones
    • resourcemanager.projects.get
    • resourcemanager.projects.list
    • serviceusage.quotas.get
    • serviceusage.services.get
    • serviceusage.services.list

NSX-T クラウド アカウントを追加する

以下の読み取りおよび書き込み権限を持つアカウントを指定します。
  • NSX-T エンタープライズ管理者のロールとアクセス認証情報
  • NSX-T の IP アドレスまたは FQDN

管理者は、このページの「vCenter ベースのクラウド アカウントでの vSphere エージェントの要件」セクションに説明されているように、vCenter Server へのアクセス権必要です。

NSX-V クラウド アカウントを追加する

以下の読み取りおよび書き込み権限を持つアカウントを指定します。
  • NSX-V エンタープライズ管理者のロールとアクセス認証情報
  • NSX-V の IP アドレスまたは FQDN

管理者は、このページの「vCenter ベースのクラウド アカウントでの vSphere エージェントの要件」セクションに説明されているように、vCenter Server へのアクセス権必要です。

vCenter クラウド アカウントを追加する

以下の読み取りおよび書き込み権限を持つアカウントを指定します。
  • vCenter の IP アドレスまたは FQDN

管理者は、このページの「vCenter ベースのクラウド アカウントでの vSphere エージェントの要件」セクションに説明されているように、vCenter Server へのアクセス権必要です。

VMware Cloud on AWS (VMC) クラウド アカウントを追加する

以下の読み取りおよび書き込み権限を持つアカウントを指定します。
  • cloudadmin@vmc.local アカウントまたは CloudAdmin グループ内の任意のユーザー アカウント
  • NSX エンタープライズ管理者のロールとアクセス認証情報
  • 組織の VMware Cloud on AWS SDDC 環境に対する NSX クラウド管理者アクセス
  • 組織の VMware Cloud on AWS SDDC 環境に対する管理者アクセス
  • 組織の VMware Cloud on AWS サービスにある VMware Cloud on AWS 環境の VMware Cloud on AWS API トークン
  • vCenter の IP アドレスまたは FQDN

管理者は、このページの以下の「vSphere ベースのクラウド アカウントでの vCenter エージェントの要件」セクションにリストされているすべての権限を持つ、ターゲットの VMware Cloud on AWS SDDC が使用している vCenter に対するアクセス権必要です。

VMware Cloud on AWS クラウド アカウントを作成して使用するために必要な権限の詳細については、VMware Cloud on AWS 製品ドキュメントの『VMware Cloud on AWS データセンターの管理』を参照してください。

vRealize Operations Manager との統合

vRealize Operations Manager へのローカルまたは非ローカルのログイン アカウントに、次の読み取り権限を付与します。

  • アダプタ インスタンス vCenter Server アダプタ > vCenter-FQDN の vCenter Server アダプタ インスタンス

読み取り専用ロールを割り当てる前に、非ローカル アカウントのインポートが必要になる場合があります。

vCenter ベースのクラウド アカウントでの vSphere エージェントの要件

次の表に、VMware Cloud on AWS および vCenter クラウド アカウントを管理するために必要な権限を示します。これらの権限は、エンドポイントをホストするクラスタだけでなく、vCenter Server 内のすべてのクラスタで有効になっている必要があります。

NSX-VNSX-TvCenterVMware Cloud on AWS など、vCenter Server ベースのすべてのクラウド アカウントについて、管理者は vSphere エンドポイント認証情報、またはエージェント サービスが vCenter で実行されるときの認証情報を持っている必要があります。これにより、ホスト vCenter Server に管理者アクセスが提供されます。

vSphere エージェントの要件の詳細については、VMware vSphere 製品のドキュメントを参照してください。

表 1. vCenter Server インスタンスを管理するために vSphere エージェントで必要な権限
属性値 権限
データストア
  • 容量の割り当て
  • データストアの参照
  • 低レベルのファイル操作
データストア クラスタ データストア クラスタの設定
フォルダ
  • フォルダの作成
  • フォルダの削除
グローバル
  • カスタム属性の管理
  • カスタム属性の設定
ネットワーク ネットワークの割り当て
権限 権限の変更
リソース
  • 仮想マシンのリソース プールへの割り当て
  • パワーオフ状態の仮想マシンの移行
  • パワーオン状態の仮想マシンの移行
コンテンツ ライブラリ

コンテンツ ライブラリに権限を割り当てるには、管理者が権限をグローバル権限としてユーザーに付与する必要があります。関連情報については、VMware vSphere のドキュメントで、『vSphere 仮想マシン管理』のコンテンツ ライブラリの権限の階層的な継承を参照してください。

  • ライブラリ アイテムの追加
  • ローカル ライブラリの作成
  • サブスクライブ済みライブラリの作成
  • ライブラリ アイテムの削除
  • ローカル ライブラリの削除
  • サブスクライブ済みライブラリの削除
  • ファイルのダウンロード
  • ライブラリ アイテムの消去
  • サブスクライブ済みライブラリの消去
  • サブスクリプション情報の検出
  • ストレージの読み取り
  • ライブラリ アイテムの同期
  • サブスクライブ済みライブラリの同期
  • タイプのイントロスペクション
  • 設定の更新
  • ファイルの更新
  • ライブラリの更新
  • ライブラリ アイテムの更新
  • ローカル ライブラリの更新
  • サブスクライブ済みライブラリの更新
  • 設定の表示
タグ
  • vSphere タグの割り当てまたは割り当て解除
  • vSphere タグの作成
  • vSphere タグ カテゴリの作成
  • vSphere タグの削除
  • vSphere タグ カテゴリの削除
  • vSphere タグの編集
  • vSphere タグ カテゴリの編集
  • カテゴリの UsedBy フィールドの変更
  • タグの UsedBy フィールドの変更
vApp
  • インポート
  • vApp アプリケーションの設定

vApp.Import アプリケーションの設定が必要になるのは、OVF テンプレートの場合、および仮想マシンをコンテンツ ライブラリからプロビジョニングする場合です。

vApp.vApp アプリケーションの設定が必要になるのは、クラウド設定スクリプトで cloud-init を使用する場合です。この設定では、製品情報やプロパティなど、vApp の内部構造を変更できます。

仮想マシン - インベントリ
  • 既存から作成
  • 新規作成
  • 移動
  • 削除
仮想マシン - 相互作用
  • CD メディアの設定
  • コンソール操作
  • デバイス接続
  • パワーオフ
  • パワーオン
  • リセット
  • 中断
  • ツールのインストール
仮想マシン - 構成
  • 既存ディスクの追加
  • 新規ディスクの追加
  • ディスクの削除
  • 詳細
  • CPU 数の変更
  • リソースの変更
  • 仮想ディスクの拡張
  • ディスク変更の追跡
  • メモリ
  • デバイス設定の変更
  • 名前の変更
  • 注釈の設定
  • 設定
  • スワップファイルの配置
仮想マシン - プロビジョニング
  • カスタマイズ
  • テンプレートのクローン作成
  • 仮想マシンのクローン作成
  • テンプレートの展開
  • カスタム仕様の読み取り
仮想マシンの状態
  • スナップショットの作成
  • スナップショットの削除
  • スナップショットに戻す