vRealize Automation Code Stream の使用を開始するには、 vRealize Automation Code Stream の管理者または開発者として My VMware アカウントにサインアップし、ログインする必要があります。

ログイン

ログインすると、パイプラインを作成、実行、および管理できます。

表 1. vRealize Automation Code Stream を使用する準備
手順 アクション 必要な操作
1 My VMware アカウントを作成します。 https://my.vmware.com/ で会社のメール アドレスを使用して My VMware アカウントを作成します。
2 vRealize Automation にログインします。 送信トラフィックがファイアウォールを介して次の宛先にアクセスできるように HTTPS ポート 443 を開きます。
  • *.vmwareidentity.com
  • gaz.csp-vidm-prod.com
  • *.vmware.com
3 vRealize Automation Code Stream サービスを開きます。

vRealize Automation Code Stream 管理者のためのスタート ガイド

管理者には vRealize Automation Code Stream Administrator ロールがあり、開発者が作業インスタンスを使用できるようにエンドポイントを作成することができます。パイプラインの作成、管理、トリガなどを行うことができます。

たとえば、開発者は場合によってはパイプライン タスクをデータ ソース、リポジトリ、または通知システムに接続する必要があります。これらのコンポーネントは、パイプラインを実行するためのデータを提供します。

また、vRealize Automation Code Stream を他の vRealize Automation コンポーネントと統合することもできます。

  • vRealize Automation Cloud Assembly を使用して VMware Cloud Templates を展開します。
  • パイプラインを公開し、トリガするには、vRealize Automation Service Broker を使用します。

vRealize Automation Code Stream 開発者のためのスタート ガイド

開発者がパイプラインをビルドおよび実行し、ダッシュボードでパイプライン アクティビティを監視するには、vRealize Automation Code Stream を使用します。User ロールが必要です。

パイプラインを実行したら、次のことを確認してください。

  • パイプラインのどの段階でもコードが正常に完了している。結果がパイプライン実行に表示される。
  • パイプラインが機能しなかった場合、原因は何か。キー エラーがパイプライン ダッシュボードに表示される。

スマート パイプライン テンプレートの使用

アプリケーションをネイティブにビルド、テスト、および展開するパイプラインを作成するときには、スマート パイプライン テンプレートを使用すると時間を節約できます。スマート パイプライン テンプレートごとに質問がいくつか用意されており、その回答に基づいてパイプラインが作成されます。

  • ビルド目的、環境、およびソース コードの場所。
  • 展開目的、およびアプリケーションの展開先。たとえば、スマート パイプライン テンプレートは既存の Kubernetes クラスタを識別します。これにより、アプリケーションのビルドおよび展開の際に使用するクラスタを選択できます。

スマート パイプライン テンプレートを利用してパイプラインを作成した後、さらにニーズに合うようにパイプラインを変更できます。