vRealize Automation Code Stream をセットアップする管理者は、ログイン後、エンドポイントの追加、パイプラインの作成と実行、および結果の表示を行うことができます。

vRealize Automation Code Stream はエンドポイントに接続し、パイプラインを実行するためのデータを取得します。この使用事例では、 vRealize Automation Code Stream を GitLab リポジトリに接続し、パイプラインで Kubernetes ファイルをダウンロードできるようにします。

スタート ガイド プロセスは、 vRealize Automation Code Stream ユーザー インターフェイスのガイダンスありのセットアップとしても利用できます。[ヘルプ] アイコンをクリックして、[ガイダンスありのセットアップ] をクリックします。

前提条件

  • GitLab リポジトリまたは GitHub リポジトリがオンプレミスに配置され、パイプラインで使用されるコードが含まれていることを確認します。

手順

  1. vRealize Automation Code Stream をオンプレミスの GitLab リポジトリに接続する Git エンドポイントを追加します。
    1. [エンドポイント] をクリックします。
    2. Git エンドポイント タイプを選択し、名前と説明を入力します。
    3. その他の情報を入力します。
    4. エンドポイントへの接続をテストするには、[検証] をクリックし、エンドポイントを保存します。
  2. [パイプライン] をクリックしてパイプラインを作成し、Git エンドポイントを使用するタスクを追加します。必要に応じて E メール通知を追加できます。
    パイプラインを作成するときは、タスクを追加して、各タスクの詳細を入力します。
  3. パイプラインを保存し、[有効] をクリックして、パイプラインを実行できるようにします。
    パイプラインを保存した後は、実行する前にパイプラインを有効にしておく必要があります。
  4. パイプラインを有効にしたら、[実行] をクリックします。
  5. [実行] をクリックし、実行中のパイプラインを監視します。
    実行中のパイプラインを監視する場合、ステージ アイコンを見ると、その進行状況がわかります。
  6. パイプラインが機能しなかった場合は、問題を修正してから再度実行します。
  7. [ダッシュボード] をクリックし、パイプライン アクティビティを監視できるようにパイプライン ダッシュボードを選択します。

結果

パイプラインが実行され、GitLab インスタンスから開発者ファイルがダウンロードされました。パイプライン タスクにより、アプリケーションが Kubernetes クラスタに展開され、パイプライン ダッシュボードでアクティビティすべてを監視しました。

次のタスク

ここで必要な情報が見つからない場合は、製品内にあるヘルプを参照できます。

  • コンテキスト固有の情報を取得するには、必要に応じてユーザー インターフェイス上の Signpost やツールチップのクリックや確認を行います。
  • [製品内サポート] パネルを開き、[アクティブなユーザー インターフェイス] 画面に表示されるトピックを参照します。質問に対する回答を得るには、パネルで検索するという方法もあります。