vRealize AutomationSaltStack Config(旧称 SaltStack Enterprise)を構成して使用すると、イベントベースの自動化によってソフトウェアを任意の規模でプロビジョニングして構成し、仮想マシンに展開できます。また、SaltStack Config を使用することで、要件に準拠した最適なソフトウェア状態を定義し、環境全体に適用できます。

vRealize Automation SaltStack Config は構成管理システムであり、仮想マシンを定義済みの状態に維持することで、特定のパッケージがインストールされ特定のサービスが実行されていることを保証します。また、SaltStack Config を使用すると、個々の仮想マシン、または仮想マシンのグループに対して大規模かつ迅速にクエリおよびコマンドを実行することができます。

vRealize Automation での SaltStack Config の統合の詳細については、SaltStack Config の製品ページを参照してください。

SaltStack Config のインストール

SaltStack Config はスタンドアローン製品であり、vRealize Automation と統合して使用することができます。SaltStack ConfigvRealize Automation に統合する前に、まずそれを環境にインストールする必要があります。

SaltStack Config では、次の 2 つのインストール方法がサポートされています。

  • 標準インストール - SaltStack Config に必要なアーキテクチャ コンポーネントを 4 台以上の個別のノードにインストールします。
  • vRealize Suite Lifecycle Manager (vRLCM) インストール - SaltStack Config およびそのすべてのアーキテクチャ コンポーネントを単一ノードにインストールします。この方法では、Salt マスター ホストもインストールされ、必要な vRealize Automation プロパティ グループが構成されます。

いずれかのインストール方法を使用して SaltStack Config をインストールする方法については、Install and Configure SaltStack Configを参照してください。

注: お使いのシステムに最適なインストール方法が不明な場合は、標準インストールをお勧めします。ノード数が 1,000 を超える本番環境のシステムでは、 vRealize Suite Lifecycle Manager のインストール方法は推奨されません。

vRealize Automation での SaltStack Config 統合の構成と使用

vRealize AutomationSaltStack Config 統合を構成し、その後 vRealize Automation クラウド テンプレートを使用して Salt ミニオンを展開する方法については、 Configure a SaltStack Config integrationを参照してください。

SaltStack Config 製品ドキュメント

SaltStack Config には、次の 2 つのドキュメント ガイドがあります。