アプリケーションのライフサイクルは、拡張性アクションか、拡張性サブスクリプションを使用する vRealize Orchestrator ワークフローを使用して延長できます。

vRealize Automation Cloud Assembly 拡張性により、サブスクリプションを使用して拡張性アクションまたは vRealize Orchestrator ワークフローをイベントに割り当てることができます。指定されたイベントが発生すると、サブスクリプションによって実行されるアクションまたはワークフローが開始され、すべてのサブスクライバーに通知されます。

拡張性アクション

拡張性アクションは、アクションとそのアクションを実行する方法を指定するために使用される、軽量で小さなコード スクリプトです。拡張性アクションは、事前定義された vRealize Automation Cloud Assembly アクション テンプレートから直接インポートすることも、ZIP ファイルからインポートすることもできます。アクション エディタを使用して、拡張性アクション用のカスタム スクリプトを作成することもできます。複数のアクション スクリプトが 1 つのスクリプトにまとめてリンクされている場合、アクション フローを作成します。アクション フローを使用して、一連のアクションを作成できます。アクション フローの使用については、アクション フローについてを参照してください。

vRealize Orchestrator ワークフロー

vRealize Automation Cloud Assembly を既存の vRealize Orchestrator 環境と統合することにより、拡張性サブスクリプションでワークフローを使用できます。