展開の基礎はクラウド テンプレート(旧称はブループリント)です。クラウド テンプレートとは、クラウド リソースに作成されるマシン、アプリケーション、およびサービスを、vRealize Automation Cloud Assembly を基準にして定義する仕様です。

クラウド テンプレート開発者は、特定のクラウド ベンダーを対象としたテンプレートを設計したり、テンプレートがクラウドに依存しないようにしたりできます。プロジェクトに割り当てられているクラウド ゾーンによって、どの方法を実行するかが決まります。クラウド ゾーンを構成するリソースの種類を理解していることを確認するには、クラウド管理者にお問い合わせてください。

vRealize Automation Cloud Assembly テンプレートの作成は、infrastructure-as-code プロセスであることに注意してください。デザイン キャンバスでリソースを追加し、接続して、開始することができます。次に、キャンバスの右側にあるコード エディタを使用して詳細を設定します。コード エディタを使用すると、コードを直接入力することも、プロパティ値をフォームに入力することもできます。

デザイン画面

クラウド テンプレートを作成する前に

vRealize Automation Cloud Assembly テンプレートはいつでも作成できますが、導入するには、最初にクラウド リソース インフラストラクチャを定義する必要があります。

また、これらのインフラストラクチャ リソースをクラウド ゾーンとして含む vRealize Automation Cloud Assembly プロジェクトを作成する必要があります。

マーカー