vRealize Automation Code Stream は、DevOps リリース ライフサイクルをモデル化およびサポートし、アプリケーションを継続的にテストして展開環境および本番環境にリリースします。

vRealize Automation Code Stream を使用するために必要なすべてのことはすでに設定しています。リリース プロセスをモデリングするための vRealize Automation Code Stream の設定を参照してください。

本番環境にリリースする前に、開発者コードのビルドとテストを自動化するパイプラインを作成できます。vRealize Automation Code Stream によってコンテナベースまたは従来のアプリケーションを展開することができます。

表 1. DevOps ライフサイクルにおける vRealize Automation Code Stream の使用
機能 実行できる操作の例
vRealize Automation Code Stream でネイティブ ビルド機能を使用する。

コードを継続的に統合、コンテナ化、配信する CICD、CI、および CD パイプラインを作成します。

  • パイプラインを自動的に作成するスマート パイプライン テンプレートを使用します。
  • パイプラインにステージとタスクを手動で追加します。
アプリケーションをリリースし、リリースを自動化する。

さまざまな方法でアプリケーションを連携およびリリースします。

  • GitHub または GitLab リポジトリのコードをパイプラインに継続的に連携します。
  • YAML クラウド テンプレートを使用して、アプリケーションの展開を自動化します。
  • Kubernetes クラスタへのアプリケーションの展開を自動化します。
  • アプリケーションをブルーグリーン展開にリリースします。
  • vRealize Automation Code Stream を自分のビルド、テスト、展開ツールと統合します。
  • 他のアプリケーションと vRealize Automation Code Stream を統合する REST API を使用します。
トレンド、メトリック、キー パフォーマンス インジケータ (KPI) を追跡します。 カスタム ダッシュボードを作成し、パイプラインのパフォーマンスを管理します。
問題を解決する。 パイプラインの実行に失敗した場合は、vRealize Automation Code Stream を使用して JIRA チケットを作成します。