SaltStack ConfigvRealize Automation と統合した場合、展開内の仮想マシンにミニオンをインストールすると、SaltStack Config の機能を使用して仮想マシンに対して追加の管理操作を実行できます。

ミニオンは、クラウド テンプレートの一部として展開することも、Day 2 アクションとしてマシンに追加することもできます。また、状態ファイルをテンプレートの一部として、または Day 2 アクションとして指定することもできます。クラウド テンプレートでの展開手順については、こちらを参照してください。Day 2 アクションの詳細については、vRealize Automation Cloud Assembly 環境で実行できるアクションで「Salt 構成の適用」を参照してください。

ミニオンとは、Salt ミニオン サービスが実行されるノードです。サービスは Salt マスターからのコマンドをリッスンし、要求されたタスクを実行します。

現時点では、クラウド テンプレートを使用して Linux マシンにミニオンをインストールできます。

最初に行う作業

  • SaltStack Config をインストール済みで、統合が構成されていることを確認します。vRealize Automation での SaltStack Config 統合の作成を参照してください。
  • ミニオンの主要な概念など、SaltStack Config の仕組みを理解するには、ミニオンを参照してください。
  • SaltStack Config で、ミニオンからマスターへの FQDN の名前解決が機能していることを確認します。Salt マスターでの FQDN を SaltStack Config で 確認するには、[ミニオン] > [すべてのミニオン] の順に選択し、[ミニオン ID] 列を値 saltmaster でフィルタリングします。詳細を表示するには、saltmaster をクリックします。FQDN の値が正しいことを確認します。
  • Salt ミニオンを使用して展開する vSphere 内のイメージで SSH 機能が有効になっていることを確認します。SSH は、リモートからマシンにアクセスし、ミニオンを展開するために使用されます。
  • 展開するマシンに IP アドレスを割り当てることができることを確認します。SaltStack Config では、マシンに IP アドレスが必要です。Salt マスターが配置されている SDDC (Software-Defined Datacenter) のパブリック IP CIDR 範囲内の IP アドレスを使用します。
  • saltConfiguration プロパティを追加する前に、ミニオンの追加先のクラウド テンプレートが展開可能であることを確認します。