今後のリリースでは、移行するときに、拡張性機能は vRealize Automation Cloud Assemblyサービスでホストされ、イベント ブローカによって管理されます。

移行前の環境によっては、 vRealize AutomationCloud で拡張性を最適化するには、既存のワークフローおよびアクション コードの変更が必要になる場合があります。変更と新機能は次のとおりです。
  • vRealize Orchestrator プラグインのサポート
  • Postgres および Microsoft SQL Server データベースへのアクセス
  • vRealize Automation Cloud Assemblyで使用するためのワークフローまたはアクション コードの再書き込み
  • vRealize Automation Cloud Assemblyでのサブスクリプションの使用